So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

雪かきをしながら考えたこと [<坐禅、仏教、お寺の話>]

このところの大雪で骨がきしみそうに連日雪かきをさせられている。


雪かきと言う単純作業は、九子のような集中力の乏しい人間にとっては恰好の頭の働かせ時。

逆に言えば考え事していたって難なく出来てしまうおいしい仕事と言う訳だ。


九子の家の裏には狭い川がちょろちょろと流れている。

川があると無いでは大違い。

雪かきの時にはこれが大活躍なのだ。


川が無ければ雪を山にして積み上げるしかないから、雪の山のせいで道が狭くなる。

もちろん町中の人々が(九子を除いて(^^;;)働き者という事情もあるが、隣の町に比べて小さなわが町はいつでも道路に雪が無くて快適だとドライバーには評判らしい。


雪ダンプで運んだ雪を、町中の人がこぞってこの川に投げ入れる。

新雪の真っ白い雪ばかりではなく、下の方で凍りついて黒くなった塊の雪もどんどん投げ入れられるから、狭い川はすぐに雪で一杯になる。


そのうち雪が川を堰きとめて、雪の上まで水がかぶさり、しばらく淀んだようになる。

これは大変だと思っていると、二三度雪を運んできた頃にはもう、川は雪の山の下に見事に行き先を見つけ出して流れ始めている。


こういう時、水はタフだなと思う。


九子が坐禅を習った大本山活禅寺の無形大師に、「水の如くあれ」と教えられた。

水は暑くなれば水蒸気となって霧散し、寒くなれば氷となって固まる。

だが、形は変わろうともその本質は決して変わらず、いつかまたもとの水に帰る。

そして水は器によって変幻自在に姿を変える。

水の如く、柔軟な生き方をしても、その真髄は変えるなという教えか。


考えてみると九子は、言われなくたってそれを実践してる。

理不尽な目に合うとすぐに頭から湯気を出してカッカと熱くなり、うまく行かなくなるとすぐにへこんで固まって氷になる。

器用じゃないから、器によって形を変えるってとこだけは出来ないけど・・・ってそういう問題か?(^^;;



川に続く道は狭い。人二人がやっとすれ違う程度。だから雪ダンプを持ってる時は、どちらか一方が待って道を譲る。


たしか数年前までは、中学生も高校生も挨拶をしてくれたものだった。待っててくれて有難うの意味で「すみません。」と言うと、あちらからも「すみません。」が返って来た。


あちらの「すみません。」に対して、「こっちこそすみません。」と言う。

満員電車で靴を踏まれて、踏まれた方が謝る日本人という訳だ。


ところが今年はそれが無い。3日間のうちのたった一日、こちらが待っていてあげるとたった一人が「すみません。」を言って通って行った。嬉しかった。しかもそれは九子の母校の子であった。


「すみません。」は日本人の魂だと思う。良かれ悪しかれ、九子の世代の人々の大多数が一日のうちに何回も何十回も使い続けて来た美しい言葉だ。


待たせてごめんなさい、やってくれて有難う、わざわざ面倒かけて(時間を割いて)ごめんなさいね、気を遣ってくれて有難う、などなど。


要するに日本人独特の「思いやりの心」ってやつだ。

あまのじゃくな九子とすれば、思いやりだのおもてなしだの、あんまり声高に言われると、「何よ、それ!」って気にもなるのだけれど。(^^;;


でもそれは、見えないものを見る力だ。

声に出して言われなくても、相手の事を想像する力だ。


日本人が美徳とするこの力を全く理解しない人々が世界中には多くいる。

世界中を見回さずとも、ほんのお隣だってそうだ。


自分には一切非が無くて、相手がすべて悪い。

すみません、ごめんなさいと言った途端に、それ見たことかと追求されたら、そしてそういう事を何百年、何千年と繰り返してきた人々が私たちの10倍以上も住む国と付き合い続ける事を考えると

とても気が重い。

だけど付き合わなきゃならない。


水の話に戻るけれど、水は一番低いところを流れる。

「水の如く」と言う言葉には、きっと無理をしないで楽な方に流れよという意味も含まれている。


日本人は日本人のままでいい。

無理して強くなって大陸の真似などしなくてもいい。

靴を踏まれて「ごめんなさい。」というお人よしでいい。

だってどこかの国を真似て強くなろうとしたって、何百年も養った真面目で人のいい性格がそうそう変われる訳が無い。


強くなるのは政治家だけ。政治家には目いっぱい強くなってもらって、国家を守ってもらわなくっちゃ。


水はタフだ。氷をも、岩をも砕く。

水になればいい。

真面目なところも、正直なところも、そのままを押し通して、突き進めばいい。


ずるがしこくなるな。計算高く生きるな。

持っている純粋さのそのままで押し通せ。


無形大師の「水の如く」。

日本人が自信を失っている今だからこそ、知って欲しいと思う。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017年年賀状 [<薬のこと、ダメ薬剤師のこと、家のこと>]

  悠也結婚式カサハラ家族.jpg
明けましておめでとうございます。
旧年は我が家にとって嬉しい年でした。
6月に三男Yが結婚しました。
豪州放浪の旅を続ける次男Sを訪ねて、8月は九子とN子が、11月にはM氏とM子が渡豪しました。この時を逃せばもう行く機会は無かろうと危惧したからです。
わずか数日の滞在でも、雄大な自然と優しい人々やコアラに癒された、散財に見合う有意義な旅でした。
今年は長女N子の結婚式が続きそうです。
遠方での挙式となり、金離ればかり良くて蓄財の才に乏しい両親は、新たな散財に頭を抱えております。
今年もよろしくお願いします。
平成二十九年 元旦

登場しなかった長男Rもお嫁さんと二人、穏やかに暮らしています。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


正月にふさわしい話題を探していたら、例によって文藝春秋のこんな記述にほうっと思った。
演出家鴨下信一氏の筆による。

斉唱は正しくは合唱と同じではない。合唱は声部がいくつかに分かれていて違うメロディーを唱うのだが、斉唱はたった一つの同じ旋律を唱う。

 
父も、九子自身も、子供たち全員も信州大学の附属小中学校に通ったので、入学式や卒業式の折の君が代斉唱は当たり前のことと思っていた。
何しろ国立大学の附属、つまりは国からお金を貰って運営されている学校だったからだ。

それが長男が県立高校に入学し、その入業式で国歌斉唱の段になった時、こんなアナウンスがはいったのには驚いた。
「思想信条の自由により、歌いたくない方は歌わなくて結構です。」
寄る年波で記憶が定かでないのだが、確かその後に「起立しないで着席していても構わない。」という一文も続いたような気がする。

そんなに多くは無かったと思うが、その通りにする人々が居たのも覚えている。
その時初めて、君が代を歌い、国旗を仰ぎ見ることに複雑な心情を覚える人がいるのだという事に思い至った次第だ。

鴨下氏の言葉に戻るが、

「君が代」がなかなか揃わないと怒りたくなる時があるが、本来前奏がないのだから意外と難しいのだ。
謡の地唄など、よく音高やリズムが合うと思って地頭に聞くと「途中で自然に合って来ます。」とのこと。
なるほど、そういうものか。
「齊」の字は、イネやムギ等の穀物の穂がいっせいに出揃うのがもとの意味だそうな、
気がつけばそろっているのがいいのだ。

穀物にしても人間にしても、育てる人には辛抱が必要だ。
「途中で自然に合って来ます。」とは、なんと経験を積んだ奥深い言葉だろうか。
こういう大らかな気持ちで子供たちを育てたかった。
5人子供を生んだくらいじゃあ、とんでもないけどおっつかない。

結婚は一応人生のひとつのゴールイン。
立派な芽をつけようが貧弱だろうが、葉っぱが緑だろうが黄色だろうが、花が大きかろうが小さかろうが、いちいち威張ったり、おろおろしたりしないで、でんと構えていたかった。
「途中で自然に合って来ます。」と微笑みながら・・・。



タグ:君が代 斉唱
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:恋愛・結婚

成宮寛貴は今どこに? [<九子の万華鏡>]

芸能界というところは、よほど魅力があるに違いない。
その頂点に立つために多くの人が競い合い、おおよそそのトップというのがテレビの視聴率などという得体の知れない化け物によって決められるものであったとしても、自分の顔が、名前が、能力が、不特定多数の人々に知れ渡ることに喜びを感じるあまたの人間たちがこの世から無くならない以上、きっとこれからもずっと存続し続けるのだろう。

テレビはいつまで続くのだろう。かつて昭和の時代に、家族がお茶の間でちゃぶ台を囲んで揃ってご飯を食べ、その隣にテレビがあったあの頃が、きっとテレビの黄金期だったのではないか。

お茶の間というのは、もはや死語に違いない。
家族団らんは疎遠となり、塾に、習い事に忙しく、丸いちゃぶ台など知らない世代の子供たちが、親兄弟ではなくゲーム機やスマホに向かって話しかけ、一人わびしく孤食をするこの時代に、テレビの役目とは一体何なのだろう?

「相棒」の甲斐亨役でおなじみの、そして九子が密かに見ていた不倫ドラマ「不機嫌な果実たち」でも色男を好演した成宮寛貴が、自らの意思で芸能界を去るのだという。

いや、「フライデー」の威力は大したものだ。今回はお得意の隠し撮りではなく、売り込んで来た人間が居るようだ。
確かにあの写真は本人によく似ていた。本人が逃れられないと思ったのもわかる。

それでもプロダクションとしてはそうではないと否定するだろう。金の力で、法の目をかいくぐって、成宮寛貴という商品を守る術はいくらでもあったはずだ。

ところが今回成宮くんは、あの年代にしては達筆な走り書きで、万感の思いを綴ったであろう書置き一枚を残し、誰にも言わずに何処へか姿を消してしまった。

後に残ったのは、この一件が無かったらきっと表沙汰にはならなかったであろう彼の性癖と、コカイン疑惑、そして母子家庭で育ち、14歳で母と死別した後、6才下の弟を大学に出すため、自分は中卒で身を粉にして働いたという思いがけない生い立ちだった。

この生い立ちには泣かされた。こんな豊かな時代に、しかも美しい顔立ちに生まれついた幸運な青年が、その美貌を生かして芸能界の頂点にたどり着いた俳優が、そんな不遇な青春時代を送り、自分の果たせなかった夢を弟に託して弟を大学に進ませるために脇目もふらずに働いていただなんて・・。

いじめも受けていたという彼。その彼をたまたま癒してくれたのが、ゲイが集まる新宿歌舞伎町だったと言う。
肉体労働に明け暮れる毎日に堪え切れず、ふっと魔が差したように都会へ出た時、住み込みで雇ってくれたのが新宿二丁目のお店だったそうだ。
美少年がいると評判になり、宮本亜門に紹介されて、それが彼の俳優としての出発点にもなった。

成宮くんは薬物疑惑に関してはほぼ何も答えていない。ただただ「絶対知られたくないセクシャりティーの部分」が暴露されてしまったから、もう堪えられそうにないと言うばかりだ。
「絶対知られたくないセクシャりティーの部分」とは、誰が考えても「同性愛」という答えに容易にたどりつく。
新宿2丁目で働いていた過去が影響したのかはわからない。だけどそれが、そこまでして隠したいものなのだろうか。

ただ、もしかしたらと思い当たる節が無いでもない。
テレビで見るゲイの人達の特殊さだ。

ゲイと言うより、オネエと言うのだろうか。
異常にテンションが高くて、見ているだけでこちらのエネルギーを吸い取られそうな気がする。
彼らは元々男性なのだから、生まれつき大きなエネルギーを持っている。そのエネルギーで一秒でも長く画面に映るように、しゃべりが視聴者に届くように、けたたましく騒ぎ立てる。
九子は彼らが嫌いと言ってる訳じゃない。言ってること面白いし、ついつい見てしまう。だけど違和感があるのだ。
なぜかオネエタレントと言われる人々は、判で押したようにこういうタイプの人たちだ。

九子が一番気になるのはその言葉づかい。
「ねえ、アンタさあ」が彼らの決まり文句だが、決して聞いていて心地よい言葉ではない。
そもそも「アンタ」って、女性が公で普通に使う?
「アンタ」を使うのは、相手を見下してる時だけじゃない?

新宿2丁目のゲイの人たちは、昔からみんなこんな言葉遣いだったのだろうか?
オネエタレントたちはそれを踏襲しているだけなのだろうか?

考えてみるとゲイという言葉は、英語のgay(陽気な)から来ているという。
そう思えば、彼らのハイテンションもわかる気もする。

とにかくゲイ=オネエという受け止められ方が出来てしまっているとしたら、彼らと一緒にされたくないという思いはわかる気がする。
佐藤かよさんだっけ?ああいう可愛らしい女の子がステレオタイプとして広く受け止められていたならば、もっと普通のゲイたちがゲイ代表としてテレビに出ていたら、もしかしたら成宮くんもそんなに秘密にして抱え込まなくてもよかったかもしれないのに・・・。

役者成宮寛貴に多大な影響を与えたとされる演出家蜷川幸雄氏が、成宮くんのことをこう評していると言う。

「毒と華は紙一重、それが同居している役者。」

また、『蜷川幸雄の稽古場から』(ポプラ社)に、蜷川から成宮への言葉も掲載されている。

『若いときに苦労してきた子だから、他の俳優にはないような、ある種のいかがわしい匂いをつけて出てきたんだよね。それを清算しようとして、ちょっとスクエアな俳優になろうとしているのかな。それがうまくいっている作品もあるんだけど、ほかにはいない、異色の俳優のままでいいじゃないってぼくは思うわけ。「成宮、軌道修正しなくていいよ」って。(中略)「たとえばアラン・ドロンみたいに、複雑な影のある役者になればいいじゃないか。あるいは歌舞伎の色悪のような。せっかくのその匂いを、成宮、消さなくてもいいんじゃないの」って、俺は思うわけ。それは成宮に対する最大の助言だね。この国の芸能界で長生きするには、必要なことなのかもしれないけど、「成宮、お前、せっかく持っているものなのにもったいないな」ってね』


成宮くん、今どこにいるの?
あれだけの艱難辛苦をくぐり抜けてきた人なのだから、よもや命を粗末にするなんてはずは無いと思うけど・・・。
ゆっくり休んで、じっくり考えて、いつかまた日本の芸能界に戻って来てください!



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

韓国がノーベル賞を取れない理由?? [<九子の万華鏡>]

そろそろノーベル賞の授賞式が始まるらしい。
今年も大隅教授が受賞されて、このところ

日本人は鼻高々だ。

毎年ノーベル賞の時期になるとお隣韓国ではこんな話題で盛り上がり、ブログが炎上したりもするのだそうだ。
日本はこんなにたくさんのノーベル賞を取ったのに、なぜ韓国は取れないのか?という書き込みである。
常に日本のノーベル賞受賞を意識し自国が取れないことに悩む韓国人の症状をノーベル症」と呼ぶこともあるのだとか

人の事なんてどうでもいいでしょ?!!と思いながらついついメルマガのタイトルをクリックしてしまう九子。(^^;;
書いているのは黄文雄氏。台湾生まれで日本に帰化された方だ。

 


私の持論...と但し書きをつけて書かれていることはつまり、こういう事だった。


日本語は中国から入った漢字だけではなく、自らひらがな・カタカナを創出した。表意文字である漢字と表音文字である仮名を組み合わせることで、複雑な思考や感情をきわめて的確に表現することができるようになった。外来語についてもカタカナでその音をそのまま表記できる。



表音文字と表意文字をあわせて使用するということは、きわめて複雑な言語体系である。
そのような複雑な言語を通してでしか、海外、とくに欧米の最新科学や哲学を理解し、さらにそれを和製漢語として翻訳することはできなかったのだ。

日本に留学した魯迅は、日本語による読み下し文によって、それまで漢文では理解できなかった四書五経の内容をようやく理解できたそうだ。
明治維新後、欧米の科学や哲学を学んだ日本は、その概念をうまく日本語に翻訳し和製漢語を作り出した科学、哲学、文化、物理、化学、原子、臣下、改革、進歩、共産主義……などは日本人が作り出した言葉だ。現在の中国語における熟語の7割はこうした和製漢語であり、これがないと中国語は成り立たないとも言われている。「中華人民共和国」という国名自体、「人民」も「共和国」も和製漢語だ。

中国語・漢語だけでは、近代を理解するための概念を説明、表現することができなかったわけだ。

日韓合邦時代、日本は朝鮮半島にハングルを広めた。それまで朝鮮の両班(貴族階級)たちは宗主国の文字である漢字を尊び、ハングルは愚民が使うものだとして侮蔑していたため、ハングルはほとんど使われなくなっていたが、日本は国民教育の観点からハングル(諺文)の普及を目指し、漢文との併用を推奨した。ハングルは基本的に表音文字だから、いわば日本のように漢字と仮名を組み合わせるようなものだった
ところが戦後、韓国では民族意識の高まりから、漢字を追放し、ハングルだけを使用する動きが強まった。1948年にはハングル専用法が制定されて公文書はハングルのみに限定され、朴正熙政権では学校教育から漢字が追放されるようになった。


韓国が日本統治時代に日本が行った漢字導入を嫌い、いわばひらがなだけのハングル文字のみ採用した結果、表現が単純になってしまった。

やはり言語的な影響が強いのだと思います。(要約)




へえ~、中国で使われる熟語の7割が日本人が作った和製漢語だなんて、ビックリだ!
当たり前に使っている日本語がそんなに複雑な言語であることも、ましてやノーベル賞を取るだけの学力を維持するために必要であったとも思えないのだけれど、まあ、直接の原因かどうかはさておき、間接的には影響があったのかもしれないと思わせる。

でも反面、欠点もある。思い出したのは、日本人が英語が出来ない訳。
アジア諸国では自国の言葉ではどうしても表現出来ない言葉があまりにも多いがために、英語のテキストを導入し、小さい頃から学校で英語に馴染むが故に、英語が出来るようになるという。

日本語でなんでも表現できるせいで、英語を導入する必要が無く、結果日本人の英語は何年やっても上達しない。

必要とされないことは廃れていくという良い例が、日本の着物文化だろう。
日本女性は着物を着なくなり、「始末する」という言葉も日常から遠くなり、その結果、器用さも、握力も、家事力もすべてなくしたのではないか?

実は九子が密かに尊敬する女性が居る。
80歳になろうとするご年齢でありながら、いつもきちんとおしゃれをされ、家事全般をすべてこなされ、長い間ずっと一人で家を完璧に守っていらっしゃった。
その女性が手を差し出されて握手してくださるというので握手してみて驚いた。病後でいらっしゃるというのに、なんという強い握力!!

完璧に九子の負けだった。

彼女は和服を着られる。それだ!と思った。
毎日の家事もさることながら、昔の女性は良く手足を使った。
着付け教室で習ってもうまく出来ない着物の着付けを、女性たちは毎日のくり返しでいつの間にか覚え、楽々と着物を着こなしていた。
絹で厚く織られた帯を締めるのに強い力が必要なのは、着付けをしてくれる美容師さんが息を切らし、額に汗を浮かべて締めているのでもよくわかる。

昔の女性が誰でも当たり前に出来ていたあれやこれやを、私たちは機械にまかせ、人にまかせ、ややこしいことは忌み嫌い、楽に流れた。
特に毎日の家事をおろそかにしている九子の握力は、毎日をきちんと生きて来られた美しい目上のご婦人にあっさりと負けてしまった。

ところでみなさまは着物を畳んだことがおありだろうか?
九子もさすがに着るのは出来ないが、畳むだけならなんとか出来る。

着物をたたみながら、これはまさに日本文化だと思った。
西洋人なら、ひたすら左右対称に畳むのだと思う。
だが着物は違う。

西洋人の畳み方は、まさに温泉の寝巻きのゆかたのたたみ方なんじゃないかな?
内側から袖に腕を通してぱたんと身体の前で合わせ、そのまま腕を抜いて袖を同じ方向にたたみ、上から三回くらい折る。
子供でも出来る一番簡単な着物の畳み方だ。
これだと着物を畳に置くことなくすらすらと畳める。

ところが本式の畳み方は違う。
 

必ず着物を畳の上に置く。

ここで言われているところの2番目と3番目がひどく不思議な気がする。
2番は襟と襟とを合わせていて、しかもそれは真ん中に来ない。

三番はもっと不思議で、半分に折るという常識を覆して、合わさっていないものを無理やり合わせている感じがする。
だけど最後はきれいな縫い目どおりの畳み方になる。

もちろんこれは、着物を裁って、縫った昔の日本人が考えたしまい方なのだろうが、さぞかし賢い人だったのだろうと思う。
幾何学なんてものを超越して、頭の中で空間を理解していたのかもしれない。

着物は織るのも、染めるのも、それから帯を結うのも、物凄い技術の塊だ。
着物に限らず袴だって、それはそれは凄い。

M氏は善光寺の用事や祭のために、一年に一二度袴をつける。
器用なM氏は何でも自分でやってしまい、九子の出番は帯の後ろに三味線のバチみたいな形をしたヘラを差し込むだけだが、
帯の細い紐がM氏のいい頃加減につき出たお腹の上できれいに十文字を描くように結ばれるのを見ると、いつもああ、いいなあと思う。
(M氏じゃなくて、袴が・・・。(^^;;)

着物文化をこのまま廃れるままにしてしまうのは本当に切ない。
歩くたびに伝わる絹磨れの音。紐を縛る時、帯を結う時の緊張感。そして、絹の匂いとナフタリンの匂いが混ざり合ったような懐かしい香り。
着物とはほとんど無縁に過ごして来た九子だって、いや、だからこそ、娘の時代にも母が残してくれた手を通したことも無い着物たちが、立派に生き延びてくれることを願っている。


必要としないものは廃れる。
ノーベル賞の話も、着物の話も、そんなことを持ち出さなくたって、九子はちゃんと知っていた。

出来すぎ母に何でもやってもらって育った一人っ子の九子の手、そして足。
母が全部してくれるから、自分では何もしなくていい。する必要が無い。

友達も居ず、外遊びも大嫌いだったから、疲れるほど歩きまわったり、汗が出るほど走ったりの経験はごくわずか。
そうして物心付く頃には、友達よりも動かすのが遅く、不器用で、思い通りに動かない手と、すぐに疲れる足になっていた事を・・。

あああ、この際、日本の着物文化をどうこうするなんて壮大なことはどうでもいいから、九子のこの怠け切った手足と、疲れきった頭を一瞬のうちになんとかして欲しい!!!

えっ?それが出来たらノーベル賞ものだって?
おあとがよろしいようで・・。(^^;;

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

民度一位の国、日本 [<九子の万華鏡>]

いつだったかBSチャンネルを回していてこの番組にめぐり合った。
 
近衛秀麿さん。 
近衛さん・・であるからして、お偉い方である。
当時の近衛文麿首相の弟さんだそうだ。

その弟さんが音楽の道に進み、ヨーロッパに移り住んだ。
そして戦争が始まり、ドイツによるユダヤ人の迫害がひどくなった時、数十人の音楽関係者を日本に逃がしたり、金品の援助をおこなったりして命を救ったというものだ。

皆さんもそうだろうが、九子も真っ先にあの人を思い出した。
そう。日本のシンドラー杉浦千畝氏だ。

杉浦が駐リトアニア大使だった時、日本に渡るビザを書いて数千人のユダヤ人の命を助けた話はつとに有名だ。

じゃあ一体、近衛秀麿と杉浦千畝はどっちが偉いんだろうか?
偉いって意味は、人間としてってことだ。

答えは直ぐに出る。
やっぱり杉浦千畝だろう。

もちろん助けた人数とか全然違う。
でも、それを除いても、杉浦千畝氏に断然軍配が上がると思う。

答えは、そうした時に自分に降りかかってくる危険の違いだ。

近衛秀麿氏は、なんと言っても首相の弟君だ。
言ってみれば内田康夫の人気シリーズで、警察庁刑事局長浅見陽一郎という兄貴を持つ浅見光彦みたいなものだ。
困ったら兄の名前を出せば、まわり中平身低頭で、掌を返したように扱いが良くなる。

当時のヨーロッパであっても、とりあえず日本の首相の弟であれば、何をしようとひどい扱いはされないだろう。
そんなことが表沙汰になれは国益に関わってくるからだ。

そうい う事がわかっていての人助けなら、彼の立場であればより簡単に出来るはずだ。
もちろんそれだからと言って、彼の勇気や行いの立派さを微塵も損ねるものではないのだが。

杉浦の場合は、国の命令に背いての単独行動だった。
あとになってどんな処分が下るかは全くわからないどころか、死刑になる可能性だって大有りだった。

自分が死ぬかもしれない時に、正しい行為が出来る。これぞまさしくリーダーの力量だと思う。

なんだかこの頃お隣の国が騒がしい。
大統領の一友人であるその人が、国の政(まつりごと)に口を出し、自社に利益誘導して多額の金を奪い取っていたという疑惑である。

ただでさえ、一握りの財閥企業に入れるのと入れないのとではその後の人生が天と地ほどに違うといわれ、そのわずかの可能性をかけて熾烈な競争が繰り返されるというお国柄だ。
庶民がそれだけの苦労をして勝ち取る特権を、労せずして手に入れる人間が居る。
しかもその人から、「能力ない親を恨め。金も実力のうち。」などと言われたとすれば・・。
大衆の怒りの程はわかる気がする。

韓国と言う国が大統領制を敷いてからまだ数十年であるというのを聞いて、なるほどと思った。

日本も確かに明治以来はたかだか百数十年だ。
ただその前に、長い平和な江戸時代があった。鎖国をし、諸外国に門を閉ざしてはいたが、天変地異や内乱はあったとしても、日本中が戦場になるようなことは無く、そういう平和の中で、文化も栄え、教育も浸透していった。

明治に入ってから日本に来航した西洋人が、どんな田舎の貧しい家の子供でも読み書きが出来るのにびっくりしたという話はよく聞く。

国が戦争の最中であったら、文化も教育も二の次になる。
日本の国がここまで栄えて先進諸国の仲間入りが出来たのも、何百年も続いた平和な時代があったからではないのか。

それでもこれでも、日本の津々浦々までとりあえずは働く場所があり、街中にコンビニは溢れ、人々は外食に行って貧乏人も金持ちも同じ物が食べられる。
イギリスの貴族が食べる物は庶民とはかけ離れているのだそうだ。

そういうことが当たり前ではない国の人から見れば、日本と言う国はどんなにか羨ましく映るだろう。

でも今の日本の繁栄は全て過去の遺産だ。これからも長い間平和な日々が続くかどうかは、われわれの努力次第だろう。

民度っていうよくわからない言葉があって30年も日本が一番という結果らしい。
金や権力で動かない。正しい道をこつこつと歩む。
国の成熟度ってあんがいそういうところにあるんじゃないのかな?

と、平和の大事さという結論で落ち着いたと思ったら、またまた痛ましい事件があった。
民度世界一の国の有名大学の優秀な学生が、南米コロンビアで撃ち殺された。

彼は将来世界で仕事をするのを夢見て、大学を一年間休学し、世界一周旅行の最中だったそうだ。
そのために居酒屋でアルバイトをして費用も自分で貯めた。
世界と言ってもニュースで取り上げられることの少ない貧しい国ばかりだったと聞く。

ケータイやパソコン、カメラなどを盗まれて、追いかけたところを銃撃された。
目的を果たすまであと3ヶ月。今まで撮り貯めた貴重な資料がどれだけ大切であったかは痛いほどわかる。
追いかけるな!と言っても無理な話だったかもしれない。
でも追いかけなかったら、命は取られずに済んだのではないか?

そういう時、平和な日本で生まれ育ったことが足かせになる。
身の危険が迫るなどと言うのは、この国では夢の中の話だ。

危険な状態で身を守る教育とか、対処の仕方などというのは実際特別な職業の人しか知らないのではないか?

自衛隊がいよいよ戦地に赴くのだそうだ。
彼らだって、平和な日本で育った若者だ。いざという時、本当に自分を守れるのだろうか?
稲田防衛大臣には母親の立場として是非とも言ってもらいたかった。
「あなたがたは決して死んではいけません。あらゆる武器を使って身を守り、何があろうとも日本に生きて帰ってきてください。」と。

オーストラリアで放浪の旅を続ける次男がいつも言う。「オレは好きでここに居る。事故に遭おうが野垂れ死にしようが、それはオレの人生だから、オレは満足だ。」

コロンビアで亡くなった一ツ橋大生のご両親も、こう思っていらっしゃるのだろうか?

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

Gotogateがキャンセルに応じてくれた! [<正統、明るいダメ母編>]

今頃M氏は、オーストラリアの海辺で念願のポケモンGOをやっているんだろうか?
オーストラリアでしか取れないやつを、思いのままGet出来るといいね!( ^-^)

ああ、ここへたどり着くまで、苦難の道だった。

お盆休みに長女と二人で行った次男が放浪しているオーストラリアに、どうしても次女が行きたいと言い始め、ならば今度一緒に行くのは海外などここ30年以上行っていないM氏だろうという事になり、嫌がるM氏を説き伏せ、10年パスポートを取らせてその気にさせるまでがまあ、一騒動。

ところが飛行機のチケットを取る段になって、それ以上の騒動が待ち構えていた。

九子の事ゆえ、取ろうとするのは格安チケット。

skyscannerという世界の旅行会社の大部分を網羅しているように思われる大手代理店のサイトから、日付、目的地、ルート、人数を入れてやると、これでもかと言うくらい飛行機のチケットがわんさと出てくる。
安さ重視の九子でも、さすがに行きに30時間、帰りに20時間飛行機に乗ることになるバンコク、カナダ、アメリカ乗り継ぎ切符(つまりそれぞれの地でお客さんを乗せて目的地まで行く)などと言うのは、即、却下して・・・。

でも最初に出てくる安い券はみんなそんなのが多い。
乗り継いだとしてもオーストラリア国内で、乗ってる時間はせいぜい12時間くらいまで。その上、真夜中やとんでもない早朝出発を除いて、現地で有効に時間が過ごせるものと考えると、ハードルは結構高い。

気がついたのだが、一人30万40万する切符でも、長時間飛行機に缶詰にされるものもある。
飛行機の値段っていったいどうなっているんだろう?

安いチケットでは、格安航空会社JETSTARが幅を利かせている。
この間長女と乗ったQantas航空は、安くは取れたが、格安航空会社ではないのだそうだ。
そういえば荷物でお金を取られることも無かったし、しっかりした機内食も出た。
JETSTARの機内食?ののどの乾きそうなパンとケーキの写真を見て、その違いを思い知った。

そして良く出てくるのがeDreamsという旅行会社の名前だった。
このチケットを選ぶなら、eDreamsが扱っていますから、そこから買ってくださいということだ。

eDreamsの評判の悪さは、ネットで見てよくわかっていたつもりだった。
でもまあ、安く行くなら、どこの会社が扱っていても切符は切符でしょ?

ああ、それが悲劇の始まりだった!

この会社のチケットを、最初はパソコンから取ろうとした。
ところがなぜか、受け付けてくれないのだ。最終局面に行く前になぜか表示がグレーになって動かない!!

仕方なく会社が勧めるアプリをダウンロードして、スマホから取る事にした。
九子は最近スマホデビューしたのだ。( ^-^)
このアプリを使って、こんどはeDreamsが扱うツアーだけを表示させる。

ところがここでも似たようなことが起こった。
クレジットカードの番号まで、やっとの思いで書き込んだのに、数分待たされて、「申し訳ありませんがお客様の要請にお答えできません」みたいなメッセージが出る。
この日は朝から、暇な時間はずっとこの作業をくり返していた。朝10時頃から夕方まで。
何百回は大げさだが、何十回はくり返した。

最後の最後でこの要請不可メッセージを受け取ることにもういい加減飽きてきて、夕方に近い頃にはメッセージを確認することなく次々に切符を見つけては要請ボタンを押していたのかもしれない。

そうでなければ、こんなことが起こるはずは無かった!!

そうこうしているうちに気がついた。なんだか夕方になってから、急に全体的に価格が上がったのだ。
えっ?さっきよりみんな5万くらい高くなってるよね?
この値段じゃあ、2都市めぐりの計画は無理だ!
残念けど1都市のみのプランに変えよう!


九子はまたskyscannerに戻って、パソコンから切符を探し始めた。
一都市にしたおかげで5万くらいは安くなった。
しかも取れたのは格安航空のJETSTARじゃなくて、JAL!おお、わが最愛の日本のJALの切符だった。

正確に言うとJALとQANTSASの切符だ。日本からオーストラリアの往復がJALで、オーストラリア国内乗継が往復にそれぞれ一箇所ずつあり、それがQANTASだ。
とちらにしても格安航空ではないから、機内食も期待できるし、荷物に余計なお金はかからない。
その切符を取り扱ってるのが、Gotogateという会社だった。

実はこの会社も、評価の星の数ではそんなに良くは無かったのだが、何しろ数少ないJALが嬉しくて、ここに決めた。

2都市めぐりもよかったけど、予算オーバーじゃあ仕方ない。じっくり1都市見た方がいいよね。
出資元としても助かるし。(^^;;

九子はウキウキしながら、Gotogateからの予約確定メールを確認した。

事件は次の日起こった!

夜お決まりのポケモン探しから戻ってきたM氏が「本当に切符取れてるんだろうなあ?」といぶかしがるので確認した。Gotogateからのメールの下の方に、eDreamsの文字と、JETSTAR、Bookingの文字の付いた3通のメールが来ていたではないか!!!

開いてみておったまげた!
あんなに朝から晩までクリックし続けて取れなかったはずのeDreamsの切符が、どこのクリックでヒットしたのかもさっぱり見当もつかない2都市めぐりの切符が、取れていたというのだ。

目の前真っ暗だった。
要するにダブルブッキング。それも別々の会社でだ。


万事休す!と思った。でも、少しは頭が働いていたのだろう。
即座に、キャンセルの申告をするのはGotogateにしようと思った。
悪名高きeDreamsが、キャンセルに応じてくれる訳がない!!

もちろん悪いのはeDreamsだ!こんなダブルブッキングして下さいとばかりのシステムを作っておいて、忌々しいにも程がある!!!

(知恵袋にも同じような質問してる人が居る。)
時は夜の11時。Gotogateのメールは英語しか受け付けないから、必死になって事の次第を書き込む。
こういう時、あっ!英語だ!と思って怖気づいたらダメです。絶対にお金は返ってこない!
下手な英語でも書けば戻る可能性があるのだから、勇気を出して必死で書きましょう。

そして送信ボタンを押した後の自動入力の言葉が優しかった。
「あなたからのキャンセル要請は承りました。ただ、このメールが即、あなたのキャンセルを約束するものではありません。改めてこちらからメールが届くのをお確かめください。」

なんだかこの会社ならキャンセルに応じてくれそうな気がした。

Gotogateという会社は、ヨーロッパでは評判がいい会社であるとネットのどこかで読んだ。

数日後、九子は自ら、その評判の良さを身にしみて知ることになる。


キャンセルは受理されたのだ!!!
ただし、キャンセル料は日本円で5万5千円。二人分で11万だ。それに加えてなんとか税も取られるから、実際に戻ってくるのは全体の4割くらいか・・。

このキャンセル料の5万5000円だが、多分JALのキャンセル料が4万円(というのが相場らしい。)で、残りが乗り継ぎのQANTASの分と思えば納得が行く。

考えてみたら九子が取った切符が、格安航空会社ではないJALとQANTASの組み合わせだったというのが幸運だったのだと思う。

高い勉強料だったが、何の落ち度も無いGotogateという会社がキャンセルに応じてくれたのは本当に有り難かった。

後からわかったのだが、格安航空会社JETSTARは原則的にいかなるチケットも払い戻し不可と謳っているが、JETSTAR同士のダブルブッキングならばお金の返却に応じているそうだ。
もしかして旅行会社にキャンセル断わられた場合でも、飛行機会社に直接頼むとよい場合もあるかもしれない。

この情報は九子がJETSTARのサポートの日本語サイトでチャットして、そこに出て来た電話番号に電話かけて、言語で日本語を選び、日本人のサポート係に聞いてわかった情報だから間違いない!
ただ、キャンセル料は当然取られるはずだ。

今度九子が海外旅行に行くのはいつかは知らないが(今回余計なことでお金使ったので、まだまだ先だと思うが)
skyscannerに出てきても、eDreamsは絶対使わないぞ!

みなさん、ダブルブッキングにはお気をつけあそばせ!

注:eDreamsの悪口ばかり書いたけど、実際九子はeDreamsに対して何もしていない。キャンセルの申し立てをしたら応じてくれたのかどうかはわからない。

そういえばこのところ九子はお恥ずかしい事件を立て続けに起こしている。

先日、お葬式に行ってお斎(とき)に着いた。お手洗いに行ったら、トイレのドアを開けた途端にスマホが鳴った。
そうたびたびあることでない事が起こった時に、パニックになって自分でやった事を忘れてしまうのが九子という人間だ。

トイレから戻ってきた時、九子はスマホしか持って居なかった。バッグはてっきり待合室に置いてきたとばかり思っていた。

それが見あたらなかったのだ!

こういう時、九子はついつい疑心暗鬼になる。さっきまで仲良く話していた親戚がひょっとしたらどこかに隠し持っているのではないか?
ありえない!と思いながらも、100%はその人を信じられないような気持ちになる。
会場の人に打ち明けて、その人もいろいろ探して下さったが出てこない。

「お手洗いに行ったのですが・・。」と申告し、係りの人ももう一度見に行ってくれたのだが、結局見つけられなかった。

こんなに探しても無いなんて、誰か泥棒が入り込んで持って行っちゃったのよね。
ママと一緒に買った思い出のバッグだったし、何より禅の師匠からの大切なお数珠がはいっていたのに・・・。

二日後、あきらめかけた頃式場から電話が入った。

「あっ、鞄ありました!!お手洗いのドアにかかっていたのをお客様が見つけてくださいました!」
えっ?そんなところに鞄掛けたっけ???
そこにあったのだから、あなたしか掛ける人は居ないでしょう。(^^;;

その日のうちに九子はM氏に連れてってもらって式場に駆けつけた。
お礼は例によって雲切目薬だ。(かっこいい新サイトです!)( ^-^)


どちらも、慎重な人だったら決してしない失敗だろう。
九子のおっちょこちょいが災いしているのはよくわかる。

だけどなんだか、二つあわせると帳尻が合う気がする。
キャンセル料で損したお金と、鞄と中身が戻ってこなかったとしたら失っていたであろうお金はとたいてい同じくらいだ。
つまり、損した分はちゃんと補ってもらっているのだ。

なんだか計算がおかしくない?と考える目先の利く頭のいい人たちよりも、九子のようないい加減な人間の方が、もしかしたら幸せなのかもしれない。( ^-^)



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

福田君を殺して何になる [<九子の読書ドラマ映画音楽日記>]

 
福田君を殺して何になる

福田君を殺して何になる

  • 作者: 増田 美智子
  • 出版社/メーカー: インシデンツ
  • 発売日: 2009/10/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


福田君って誰?と思って手に取った。すぐにわかった。 ---光市母子殺害事件の陥穽(かんせい)---と副題があった。

一瞬迷った。
どうせどこにもあるこの手の本よ。少年は更生しているから死刑にしてはいけないっていうんでしょ?

じゃあ、買わなきゃ良かったじゃない!
それなのに、なんとなく、買ってしまった。

口にしていた。何が書いてあろうと、だまされるもんか!あれだけの重罪を犯したのに、少年だから軽い罪なんて赦されない!


現代語にすれば、やられちゃった感!満載の本だ。本を読み進めていくうちに、しだいに募っていく少年に対する同情心。


この本は、福田少年と著者の増田美智子さんとの最初の手紙のやり取りから始まる。

最初の手紙を書き出してみる。

増田美智子様
孝行です。1982年(筆者注・1981年が正しい)3月16日生 魚座 とり年
つまりペンギン(小さなペンギンのイラスト)←こんな感じかな☆
なわけないか(笑) ぼく27さいだよ。こんなのでもいいのかなー。
心配してくれてありがと。外でデートとかしたかったね♡ なんて言ってみてもいい?
けっこうこわいです。くじけそう。ふるえる日もあるよ。抱かれてねむりたいもん。
 それはそーと、面会たのしみにしてるよ。あけとくから。でもお金かかるじゃん。どうしようか。美智子さん 広島に知人、友人居る? いなかったら、ぼくの方でがんばってみるよ。とまる所とか。
 今は事件のことはふれることはできないけど(ごめんね)。これ以上他の人の心をキズつけたくないもの。でも、ぼくのこれまでの歩み、個人的なことならはなせるかもです。それでもいいかな?(いっぱいエピソードあるんだよ☆☆)
 ぼくも美智子さん(みっちゃん)のこと知りたいなー。今日はお手紙のお礼までに。
ありがとね。美智子さん。今日はゆっくりねむれそうです。次も書くね

                       孝行
                あなたが幸せになりますように。

してやられた!と思った。いや、だが、こんなことでだまされるな!とも思った。


27歳になったというのに、福田少年の幼いくらいに純朴な、無防備に初対面の女性に甘える手紙の内容にびっくりさせられる。

ちなみに著者はフリーライターだ。

ジャーナリストの綿井健陽さんが、マスメディアが流す報道をいったん疑って、自らの目と耳でこの事件を再検証すると言うのに影響されたのだそうだ。綿井氏は、イラク戦争取材などを通して、 マスメディアが流す情報と取材現場との間に、大きなズレがあることに気づいていたからだ。


「予断を排除して、まずは現場に飛び込むのが自分の仕事…」


若い増田美智子氏は、綿井氏のこの言葉をさっそく実行にうつした。
彼女は広島拘置所に収監されていた福田孝行死刑囚に会いたいと手紙を書いたのだ。
奇しくも彼女は福田死刑囚と同じ27歳だった。

最初の手紙は誰が見ても他人との距離感がまるでわかっていない幼い手紙だが、その後届いた手紙はこんな風に綴られる。

 肉体的な死を目前にひかえたぼくは、ともすれば社会的に精神的にさいさんにわたって他のきかんに殺されてきました。
 よくなろうと想って誰かをキズつけてゆく。それが人間なのですとあなたはむねをはれますか?

ぼくも、そしてあなたも、そしてあなたにとってぼくにとって不都合な方も愛されたいと想う気持ちは持っていますよね?
 大切なことですから、それだけでもねんとうにおきたいとぼくは想ってます。
 ぼくは悪人だけどこれ以上悪人になりたくはない。ましてや人の幸せをこれ以上奪ってまで生きたいとは想えません。
 その意思をかくにんすることをあなた(のまわりにいる方)はおこたっていませんでしたか?
 おてほんとなるべき本来のやくわりをになうそのてのきかんが、おてほんをしめせていない昨今、あなたはどうこれらに向きあい、自らをしめすことができるのでしょうね・・。
 
よくなればねたまれ、わるくなればそらみたこととされるのでしたら、何もしない方がいいと、今日も一般の人は悪人を見すてて、見ようともせずほうちするのでしょうか。
 
不安な気持ちはいったいどこからやってきましたか?それはほおっておかれ、ぽつんと自分がとりのこされることからおこったりもしませんか?
 
ぼくは拘置所にいますよ。
 ここはとてもさびしい住人がいっぱいやってきます。一輪のやさしさが彼ないし彼女たちにあたえられたら、みんなもうさびしい想いをしなくてもいいのに・・・。ぼくはとても無力ですね。
                2008.7.8    孝行
表現にてきせつなものがなかった際はおわびいたします。大変に申し訳ないです。


最初の手紙のあまりな稚拙さと比べ、死と向き合い、すべてを達観しているように思えるこの手紙。

彼の手紙ではもうひとつ。帯にもなっている印象的なものがある。

拘置所のなかで、よくしてくれる刑務官の先生もいるんだよ。それによって僕はここまで来られた面もあって、そういう先生がいなかったら僕はダメだったと思う。そんな親しくなった先生たちに(死刑を)執行させるというのは、先生たちの負担を考えるとよくないと思う。だから、僕はここ(広島拘置所)じゃなくて、大阪(拘置所)か福岡(同)で執行されたいと思う。

そして、衝撃の第三弾が彼の中学の卒業写真と思える写真だ。
詰襟を着た丸顔の、いかにも人懐っこそうな少年が目をへの字にして八重歯を出して笑っている。天真爛漫と言う言葉が何よりぴったりする彼の笑い顔のどこにも、これから数年たってあのおぞましい事件を引き起こす予兆など微塵も感じられない。

同じ少年Aとは言え、1年ほど前に本を出版し、自らの裸身も納めたホームページを公開して注目されたが、1ミリの悔悛の情も持ち合わせていないように見える神戸の少年Aとは確実に違う種類の少年のような気がする。

人間は変わる。変われる。良い風にも悪い風にも・・。
神戸の少年Aは良い方に変わった事を司法にことさら印象付けて少年院での矯正教育をくぐり抜けて世に放たれた。

それに比して、誰もが記憶する唐突なドラえもん発言。あの発言と、弁護団が突然法廷を欠席してしまった事への世論の批判は、彼の死刑を決定付ける方向に事態を動かす分岐点だったと思う。

とっぴな話だと誰もが呆れるあの発言は、弁護士の口から話されるといかにも荒唐無稽だけれど、この本に書かれている手紙をつなげて読んでみれば、福田君の一連の行動と齟齬はないような気がしてくる。

福田君はもしかしたら発達障害を疑うくらい幼かったためか、父親に受けたひどい体罰の影響か、わが身を守る術があまりにも未熟だったのではないか。

彼の同級生が皆、面白いヤツ、と評していた中学校時代。いつも笑顔を浮かべることで、父から受ける虐待体験の辛さを表に出すまいと必死にピエロを演じていた彼。

自分の言葉が投げかける影響の大きさに無頓着だったと思われる彼が、ドラえもんという言葉を選んで使った時、「何をふざけた事を」と応じた九子も含めた世論の大多数が彼を死刑にしてしまったのではないか?

「福田君を殺してなんになる。」
筆者からの問いかけは九子にはよく届いた。
とは言え彼は死刑が決定し、拘置所で死刑を待つ身の上だ。

裁判の結果とは、事実に厳粛なものではなくて、世論とか、検事や弁護士の能力によって大きく変わってしまうもののようだ。それがもうひとつ、読後によくわかったことだった。

罪を裁くのは何も裁判官や裁判員だけじゃない。世論というものが大きく影響する以上、私たち一人一人が真実を見極める目を養うことは非常に大切だ。
くれぐれもメディアにはセンセーショナルではない公平な報道を求む。

福田孝行君が社会に戻る道はもう閉ざされてしまったが、少なくとも世に放たれた少年Aたちがこれ以上の罪を犯さないように、観察の目を緩めないことは必要なのではないか?

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

カゲロウのカゲ [<九子の読書ドラマ映画音楽日記>]

思えばこの本は数奇な運命を辿った。
「第五回ポプラ社小説大賞」などと銘打たずに俳優水嶋ヒロが書いた本とだけ言えば、その目新しさだけで同じような部数はやすやすと売れていただろうと思う。

KAGEROU

KAGEROU

  • 作者: 齋藤 智裕
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/12/15
  • メディア: 単行本
この本の大騒ぎがあってからもう5年も経つのか.
つくづく月日が流れるのは早い。

古本屋の下の棚に並んでいる背表紙の行列の中で、その本は目立たずに埋もれていた。
白い表紙に小さく細いKAGEROUの文字。一番上でちょうど小池百合子氏が選挙の時に巻いていた鉢巻の色とおんなじ正十字がひっそりと光っていた。 九子の目に止まったのはまさにそれだった。

アマゾンでこれでもかと酷評されているのは知っていた。
この本を選ぶ時、「いったいどのくらい酷い本なのか確かめたい。」という面白半分があったことも認める。
それでもこれでも文学賞の大賞を取った本なのだから、何が共感されて、どこが批評されているのか、それを知りたいと思った。


読み出してみてあれ?と思った。
「なんでこんなに酷いこと言われてるの?悪くないよ。悪くないどころか、面白いよ。」

アマゾン評から羅列してみる。
>文章力や語彙力は新人という点を考慮しても、商業作品として出版するに値しない。

>アマチュアらしさがそこかしこに表れていて、この本は自費出版だったのかと思わず錯誤してしまう。

>ただしこれを文学として見ているのであれば、三流以下。

>質より量という言葉があるが、文章量が少なく、質も低い。

個性がなく、読み終わって充実感がない。

最初の方はほとんどがこんな感じ。
これでは著者としてもさぞや辛かろう。
ようやくしばらくすると、「割りによかった。」コメントも出てくるようになる。

九子は最後まで面白く読んだ。

文章力も、語彙力も、水準以上だと思った。
もっとも「誰かの手が入ってここまで。」と言い切る人も居るには居たが、それは確かめようが無い。

タレントの本という事でピース又吉の「火花」と比べるコメントも多かった。

もちろん「火花」とは違う。ジャンルが全然別だと思う。

「火花」の作者又吉直樹は、もともと心の声に耳を傾けるタイプの人。情念の人。つまりは根っからの文学者なのだ。
ところが斉藤智裕は、そこのところが抜け落ちている。
彼が幼少時代を海外で過ごした影響か、サッカー選手だったからか、じめじめと自分の心と葛藤するような習慣はほとんど持ち合わせていないと思われる。
だから、KAGEROUに心理描写を期待しても無理だし、その分あっさりとしたSF小説のような色彩の物語が出来たのだと思う。

KAGEROUは、こんな風にはじまる。

 
 何十万という人間がひしめき合って暮らすこの街で、誰もいない暗くて静かな”寂しい場所”を見つけるのは至難の業だ。しかしヤスオが見つけたこの場所は、奇跡的にその条件をほぼ完璧に満たしていた。 
 そこは三年ほどまえに倒産して廃墟と化した古いデパートの屋上遊園地だった。
ところどころに剥がされてコンクリートの地肌がむき出しになった人工芝の上で、引き取り手もないまま野ざらし状態で放置された遊具や、動物をかたちどった電動式の乗り物が夜露に濡れて薄ぼんやりと光っている。
 その様子はまるで、かつてこの場所で遊んでいた子供たちの墓標のようだ。
 周囲に張り巡らされた転落防止フェンスの向こうの闇空に、ヤスリで削ったような細い三日月が張り付いている。風はほとんど吹いていない。
 死ぬにはまさにおあつらえむきのシチュエーションだ。

文学賞を取った小説として、違和感無く読める冒頭だと思う。


この場所から身を投じようとしていたヤスオが、謎の男キョーヤに助けられる。キョーヤはある組織に属する人物で、死にたがっている人間にとりあえず自殺を思い留まらせ、それでもまだ死にたい人間には、その人間の臓器を必要としている人間に移植し、遺族に報酬が支払われる契約を結ばせる仕事をしている。

最後まで、物語としての齟齬は無かった。
違和感があるとすれば、帯のこの文章だ。

第五回ポプラ社小説大賞受賞作

著者・斉藤智裕が、人生を賭してまで
伝えたかったメッセージとは何か?
そのすべてがこの一冊に凝縮されている。
小説の新たな領域に挑む話題作、ついに刊行! ポプラ社

裏帯となるとさらに凄い。
哀切かつ峻烈な「命」の物語。

まったく内容と合致しない。この物語にそこまでの重みは無い。
そもそも著者がそこまで考えて書いたのか。

この帯を信じて読み始めた読者が、次々と落第点をつけているのだとしたら頷ける。
売らんかな!が昂じてこの帯を付けたとしたら、非はポプラ社にある。
帯を読んで本を買う人に対する冒涜だ。

水嶋ヒロにも落ち度がある。
少なくとも小説家になる!と豪語して芸能界を去ろうとした以上、何作も書けるだけの才能は当然求められる。
それもSF小説に近い形であるならば、構想が次々と湧いてくるようでなければ小説家をかたる資格は無い。

ブログ友達のりんさんは、それこそ毎日のようにSF風ショートショートを綴っておられる。その努力が実って、大賞も何度も受賞され、大御所と言われる作家さんに
激励されたりもしている。
そこまでの努力があって初めて、作家と呼ばれる資格が出来るのに・・・。


「カゲロウ」を仕掛けたのはポプラ社側だったか、水嶋ヒロ側なのか。
明らかな事は、「ポプラ小説大賞」はもうこの世から消えうせ、水嶋ヒロもテレビで見る回数が極端に減ってしまったという事実だ。
カゲロウのカゲの部分は暴かれて消えた。仕掛けた側も仕掛けにおめおめと乗った側も、信用と言う大切なものを失って、今まさにその痛みに耐えていることだろう。


物語にそぐわないからと批判の多かったおやじギャグ。帰国子女の彼には、どこかつぼにはまる面白さがあったのかもしれない。




だからそれっぽく言ってみよう。



カゲロウからカゲが消えてロウだけ残った。
作家として労(ロウ)を厭わず書き続けるも良し、役者として老(ロウ)練な演技をするも良し、はたまた朗(ロウ)ろうと歌ってみるのも良し。



カゲロウは4日しか生きられないが、あなたの人生はまだまだ長い。


掛け違ったボタンの事など服ごと忘れて、綾香さんと才能を競い合うくらい、これからも活躍して欲しいと思います。









nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:芸能

コアラだったら・・・。 [<九子の旅日記>]

旅というものは唐突に始まる。
次男Sが会社を辞めてオーストラリア放浪中なので、いつか彼が居るうちに会いに行きたいとは思っていた。
同じ事を長女N子も考えていて「いつか一緒に行こうよ。」と彼女からメールが来たのは4月ごろ。まあ、行きたいけどね。いつになるかしらねえ。
でもまさかそれがこんなに早い時期に実現するとは思わなかった。

ドイツには次女を連れて行ったから、今度は長女を、長女の苗字が変わらないうちに、一緒の思い出を作ってやりたかった。
「例のオーストラリア旅行の話、まだ生きてる?」という問いは、偶然8月の初めに九子が発した。
それに対してすぐにN子から勇んで返事が来た。
「12日から17日まで、休み取れるよ。」

半年先くらいを想定していたのに、彼女が休めるのは8月の12日からの6日間だけで、次の正月休みは難しいという。
え~っ、だってそんな急に。どう考えたって無理じゃない?あと10日も無いんだよ。

ところが世の中は変わっていた。パソコン上の旅行サイトでは、飛行機もホテルも、3、4日前ほどまで予約が可能だった!
長女も九子もパスポートは既に持っている。無理と言って断わる理由は無かった。

一泊は、例によって父が何十年か前にシンガポールで”where are you from?"のたった一言で写真を撮り、住所を交換したCさんのところに決めていた。
大変フレンドリーで(この言葉にきっちり合う日本語がまだ見出せないでいる。)、心優しく、心遣いの行き届いたご夫婦だ。
芸術家の奥さんから、世界でたったひとつ、彼女がすべてのページを描いた絵本を頂いている。
これからお世話になるだろう次男Sと顔つなぎも済ましておきたかった。

6日間あると言っても、成田からN子の居るところまでその日のうちに帰る事は難しく、成田で一泊しなければならない。つまりは3泊5日の旅というわけだ。

N子がどうしてもコアラを抱きたいと言うので、今現在コアラがたくさん居るサンシャインコーストのAustralia Zooが候補にあがる。しかもここは、次男が住むバックパッカー宿から車で1時間ほどだった!(次男は動物園の存在に全く気付かずに居た。その上たった一週間前に、おあつらえ向きに車を買っていた!)

これで行程は決まった。
成田→ブリスベン→アデレードのC家1泊→アデレード散策→ブリスベン1泊→動物園→ブリスベン1泊→成田へ

ところが!切符とホテルが取れて気が緩み、コアラを抱くのにチケットが要ることに気付かなかった。気付いたときにはもうsold out!
N子の悲しげな顔が目に浮かぶ。

なんとかならないかと思って、動物園にメールしてみた。そうしたら!!
コアラを長く抱ける切符はもう売り切れたが、ほんの少し抱くだけなら、一人25ドルで少し並べば抱けるとのこと。 やった~!

行ってみてわかった。そこはフジフィルムがやっているフォトスタジオで、25ドルはコアラを抱いた写真を撮ってくれる料金だった。
N子と次男S,九子の3人分だから、3枚で59ドルの割安を選んだ。
それにしてもフジフィルム、化粧品やったり、こんなところに目をつけたり、フィルムが下火になってからも頑張ってるんだねえ。

Cさんには「コアラはたまにおしっこするわよ。気をつけてね。」と言われたが、その場に居た誰も、被害にあった人は居なかった。
よく躾けられているのか、睡眠薬でも飲まされているのか???そう思いたくなるほど、コアラはおとなしく、眠そうだった。
koara.jpg
Australia Zooは、言うまでも無く上野動物園とはえらい違いだ!
すべての動物を極力自然のままで、即ちほとんどが放し飼いの状態で育てている。
九子など脚が痛くて卒倒する一歩手前くらいたくさん歩かされたが、広大な敷地の中で自然のままの生活が出来る動物たちは本当に幸せだ。
切符を買えば動物に餌付けも出来る。カンガルーのえさなどは切符など無くてもすぐに買えて、掌に載せればカンガルーが擦り寄ってきて食べている。日本で言えばそんじょそこらのウサギやハムスターと同じ感覚。

オーストラリア、オーストラリア。九子の中で長い間、この国はずっと異国だった。
外国と言えばアメリカかヨーロッパしか頭に浮かばなかった。ペンパルが住んでいるとは言え、コアラとカンガルー以外思いつかない遠い遠い国だった。

ところが今回実際に訪ねてみて、本当に良いところだった。
次男がかの地を選んだ訳がわかった。
彼は大学時代一月だけホームステイを経験した。その時彼は帰ってくるなり、「一ヶ月じゃ短かすぎた。最低一年は住みたい。」と言った。
それが6年越しの今回の放浪につながったわけだ。

世界で住み易い都市10のうちの4つがオーストラリアの都市なのだそうだ。
人々は皆フレンドリーで明るく、一度も人種差別の絡んだ嫌な思いをしなかった。
都市機能は充実しており、ホテルや家々の構造も、アングロサクソン系の大男大女がゆったりとくつろげる大きさと快適さを備えている。

アデレードに限って言えば冬とはいえど最低気温は5度ほどで、雪が降ることはない。
温暖な気候の故か、人々は皆気持ちがゆったりとしているようだ。

日本は島、オーストラリアは大陸の違いはあるとは言え、外敵の侵入を海と言う自然の防護壁が守ってくれるせいか、内なる平和のみを追求して来れた幸福な二つの国には、人々の優しさと言う共通点がある。

まずは他人を信じられること。同じイギリスを旅立って新大陸を目指した人々だが、残念ながら他人を信用できずに銃を持つに至ったアメリカと、オーストラリアの差は歴然としている。
オーストラリアには人を襲うような獰猛な動物が少なかったからだろうか。ワニは居ても彼らは人間のテリトリーを犯したりしない。

他人を信用して暮らせる国は、そしてそこに住む人々は幸福だ。人々が無防備であるというのは、その国の幸福を測る尺度かもしれない。


このところ女優の高畑淳子さんの売り出し中の息子が大変な罪を犯して話題になっている。
母親である高畑さんの記者会見を見て、いろいろな想いが胸をよぎった。
彼をたった一人で育ててきた母親の思いがほとばしるような会見で、まぶたが熱くなった。

彼女は息子に言い聞かせてきた事をこう語った。嘘をつかないこと。人様にご迷惑がかからないようにすること。人様に感謝すること。
日本人なら誰もが思い当たる、簡単なようで難しい、日本人として生きるための術だ。
日本人のたぶん9割が、この中の最低どれか一つは戒めとしていると思う。

高畑さんの息子は、ちょっとおかしな人と言われていたそうだ。空気読めない言動から、発達障害を疑われても居るらしい。
現在では「自閉症スペクトラム」と呼ばれるような人々は、みんな多かれ少なかれ人と違う得意なこだわりを持つ。そのこだわりの内容が人に危害を及ぼすものであれば、なるべく早いうちに矯正しておかねばならない。

生まれついたわが子が普通に育って、悪いこともせずただただ穏やかに眠っているだけのコアラのような子供だったとしたら、母親の子育てはどんなにか楽だろう。 だけど実際は、コアラじゃなくてカンガルーだったり、熊だったり、ライオンだったりする。そしてそういう本性は、母親の前では隠したがるもののようだ。

手塩にかけて育てたつもりのわが子がとんでもない罪を犯す。人様の身体や心にとてつもない傷をつける。そして、罰せられる。
親としてこれほど切ないことはないし、自分の子育てのどこかに誤りがあったという事実を突きつけられる。

忙しい合間を縫って弁当を作り、息子の遅刻が多く、成績が悪いのを案じる母の姿。そして、こんなに家族に迷惑をかけてしまった息子であっても、最後は自分の元へ戻っておいでと涙する高畑さんに共感を覚える人も多かろう。

女優さんだから、計算ズクで、心とは裏腹どんなことでも言えると考える人は、きっと誰かにに傷つけられたことのある人だろう。
平和ボケの日本で育ったうぶな九子は、とてもそんな風には思えない。物事をまっすぐにしか見られない。


高畑淳子さん、40歳近くなってからの遅い息子を良く一人で頑張って育てられましたね。
あなたがコアラだと思って育てた息子は、どうやらライオンだったようです。
最初からライオンとして育てられればよかったけれど、それを見抜くのは至難の業です。
見抜けなかったことは母親の罪なのでしょうか?

うちにも息子が3人居りますが、とりあえず3人ともコアラのような息子たちでした。もしもその中にライオンが1匹でも混じっていたら、今頃自分は安穏として暮らしていられたかどうか、甚だ疑問です。

コアラに見えてもいつ猛獣に変身してしまうかわからない危うさは、すべての人間が持っています。抱えています。

九子が若い頃、同じような事件に巻き込まれた大女優さんが居ました。荒木道子さん。きっとご存知でしょう。
息子がヒット曲を出して売れていた最中、女性に対する同様の罪で逮捕され、以来彼女は九子の知る限り、表舞台に登場することはありませんでした。

そういう時代だったのです。母親は何も語ることなく芸能界を去って行きました。着物の似合う真面目なおかあさん役が良く似合う名優でした。

あなたがああしてテレビカメラの前に自らをさらし、釈明されたのはいい意味でも悪い意味でも今の時代 を表していると思いました。
釈明の機会を与えられ、贖罪のために仕事を続けたいと訴えられた。
あなたには与えられた機会が、荒木道子さんにはたぶん与えられなかったのでしょう。
昔の人たちは本当に可哀想でした。

あなたの姿は、もしかしたら何日後、何ヵ月後、何年後の私かもしれません。
人事ではなく、頭に刻み付けておきたいと思います。


Australia Zooのコアラの感触をもうだんだんと忘れてしまいがちな九子である。
ただ、とても温かかったことだけは妙に記憶にある。
子供たちを抱いたとき、考えてみればいつもとても温かかった。夏などは熱くて汗が出るほどで、出来たら抱きたくなかった。

温もりは生きている証だったと父が亡くなった時に気がついて、はっとした。
血の通った生き物は、みんな温かいのだ。そして死んだ途端に冷たくなる。

 
「生かされている。その事ひとつに感謝して暮らせ。」とよく禅寺でも言われるが、なかなかどうして難しい。





nice!(17)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

電話にご用心! [<正統、明るいダメ母編>]

九子んとこは一応商売やってるせいか、迷惑電話がしょっちゅうかかってくる。
たいていがマンションやらゴルフ場やらの売買に関するもので、そういうのはたいてい「要りません。」の一言で片付ける。
大体汗水たらさずに、電話一本で商売しようって言う根性がせこい!
一度本当にそう言いかけたが、考えてみればこっちだって汗水たらしてるわけじゃあなし・・。 結局言えずじまいだった。(^^;;

中でも特にゴルフ場の勧誘がしつこい!何度も何度も断わってるのに、性懲りも無くかけて来る。
「うちは売る気も買う気もありませんから、リストから外してください!」と言ったが、それでもまだダメだ。
末端の情報が上に届かずに同じ間違いを何度もしてくるなんて、お先真っ暗な会社だよね!
(九子に言われたくはないだろうが・・。(^^;;)

先日、そんな類の電話がまた一本かかってきた。これもあまた来る電話サービスの乗り換え電話だった。
ところが、こういうのを「魔が差した」というのに違いないのだが、「一ヶ月に千円以上お得になりますよ。今のサービスそのままですよ。」というのに、主婦魂がむくむく頭を持ち上げた。「お得」な話に何より弱い九子である。

気がついた時にはセールスマンが来て(びっくりした事に相手は大阪の会社で、関西弁丸出しだが、あんまり押しの強くなさそうな若い社員だった。)、「今と何ひとつ変わりませんからご安心ください。」と言い、二日後にはN社からS社に乗り換える工事をするという。
「大丈夫です。工事の費用もすべてこちら持ちですから。」

彼は帰り際にプチプチに包んだ箱のようなものを置いて行った。「これを工事の人に渡してください。」

やって来た工事の人はいかにも職人さんという風だった。そしてずいぶん時間をかけて、N社の光電話の装置を外した。ネットも同時に出来る装置だったので、外したらネットが出来なくならないか心配だったが、テーブルテレビ会社の別のアダプターがしっかり接続されていたのを確認して安心した。

ところがその人がこう言ったのだ。「あれ?このもらった機械、電源ランプが付かないよ。おかしいよ、これ。だって振るとからから音がするんだもの。故障品ですね。」
えっ?最初から故障してるなんて、あり得るの?

プチプチに包まれてて全然わからなかったその機械は、ひどく使い古した感のある中古品だった。これじゃあ壊れてるって聞いても全然びっくりしない。

その上、それはISDNの機械だった。「えっ?いつの間にISDNになったの?そんな事一言も言われて無いのに・・。」

S社に電話した。「ひかりをISDNにするなんて、何の説明もありませんでしたよ!その上頂いた機械、壊れてるって工事の人が言うので至急別のと取り変えて下さい。」

S社というのは、聞いてみると結構トラブルの多い会社らしかった。実は工事の人が開口一番「えっ?またS社ですか?」と言ったのだ。

うちの場合は機械そのものが壊れていたのだが、本来工事の人は付け替えのみの担当で、S社は「あとは電話が通じるまでお客様の努力で」というスタンスだった。そのため、機械に弱いお年寄りとかが、困りきって工事の人に頼み込む。工事の人はもともと親方日の丸N社の人だから「電話が通じない」と言われるのに一番弱いので、サービスで個々の設定をやってあげることが続いていたらしい。

一応別の機械が送られることになり、それにしても届くまでどうしようと頭を抱えていたら(もうこの時点でN社の機械は外されたのみならず、契約も打ち切られてしまっていた!)、工事の人がやおら車の中から自前の機械を持ってきて、「お店やっていられるんじゃお困りでしょう。届くまで使っててください。」と言ってくれる。

もう、こんなにN社が有り難いと思ったことは無い!たかが月額千円や二千円の違いで切り替えるんじゃなかったと後悔してももう遅い。

二日後、S社から機械と共に、文書が届いた。何かあった時の相談窓口は、S社よりも先に、機械の製造メーカーのサポート窓口と、NTTの故障係が書いてある!!

何!これ!電話売っておきながら、自分とこじゃ責任取れないってこと?いや、責任取らない主義?

届いた方の機械で、とりあえず回線は復活した・・ように思えた。

あれ? 異変に気がついた。
電話が鳴るとファックスも必ず鳴って、数秒以内に電話に出なければ自動的にファックス受信になってしまう。

その上、ナンバーディスプレイが表示されない!!

ナンバーディスプレイについても事後通告で話があった。セールスマンは「今までと変わらない。ナンバーディスプレイは無料で表示されます。」と言ったのに、表示されるのは携帯電話からの通話のみ。固定電話からの番号も表示するとなれば、月々1800円だと??

ぶち切れた! もう契約解除だ!N社に戻るぞ!

書かれてあったNTTの故障係が丁寧に対応してくれた。別番号へかけ直して相談したところ、もう契約は解除された後なので新契約扱いになり、24000円かかるそうだ!

ナンバーディスプレイ、使ってみるとこれほど有り難い機能は無い。店にお客様が見えたとき、電話が鳴ったら無視は九子のポリシー。それがナンバーディスプレイのおかげで、こちらからかけ直す事が出来るのだから。

う~ん。月々1800円か、今の24000円か。 どっちにしてもうかつにS社にしたのが心底l悔やまれる。

 
ところが九子はやっぱり強運だ!
電話とファックスの混線の相談で電話していたNECの(有り難かったから企業名を書く)サポートの人が、混線の回避の仕方と同様に、ナンバーディスプレイの表示の仕方も教えてくれたのだ!
なるほど!電話会社に頼まなくても、ターミナルアダプタにその機能が付いている機種があったんだ!

S社は本当になんにもしてくれなかったが、数ある中古のISDNのアダプタのうち、その機能つきのアダプタを偶然(これは事実。)送ってくれたことだけは褒めて取らす。

それにしてもSさん 、いろんな人に聞いたけどS社、評判悪いよ。大きくなりすぎて末端まで意向が伝わらないの?
イギリスの電話会社なんか買収してるお金があるのなら、社員教育ちゃんとして、説明責任果たさなくちゃ。
電話会社名乗る以上は、N社と電話機器メーカーにおんぶに抱っこはあんまりじゃないの?

皆様もどうぞお気をつけて。(^^;;




nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -