So-net無料ブログ作成

雪かきあれこれ [<正統、明るいダメ母編>]

堰を切ったように雪が降った。
50センチも積もったように感じたが、8年ぶりだかの30センチだそうだ。
それでも30センチと言えば長靴の丈だ。並みの量ではない。

この位の量が降ると長野市では早朝に除雪車が来て車道の部分の雪だけかいて行く。それは有り難いのだが、それぞれのうちの前に車道の雪が高く積まれる。とりあえずそれを片付けるのが現代の雪かきである。

雪国ならではの雪かきという行事は煩わしい反面、少々楽しくもある。

我が町はまだ50、60代の世帯主が幅を効かせ、雪かたづけも行き届いている。
一番いいのは道路の裏にちょろちょろと川が流れていて、雪の捨て場がある事だ。

九子んちの駐車場を通って町の人たちが皆雪を川に捨てに来る。
礼儀正しい町の人たちはみんな「すみませんねえ、ここを通らせてもらって大助かり!」と言ってくれるが、九子にすれば町の人たちが大きな雪ダンプを引っ張って何往復もしてくれるおかげで、駐車場の雪かきが省けてこちらこそ大助かりなのだ。「こちらこそ。雪かきしなくて済んじゃうから有り難いです。」

こういう時九子は「日本人に生まれて良かった!」と思う。中国人じゃあこんなやりとりは出来るまい。
(どんだけ中国嫌いなんだ、(^^;;)

はとこのFさんとKOさん夫妻が例によって仲良く雪かきしている。
なんでも二人は昨日お客さんの接待で志賀高原のホテルに宿泊していたのだそうだ。

「二人で接待なんてずいぶん重要なお客様なのねえ。」
「ほら、例の中国の大金持ちよ。」

KOさんは実は長野電鉄の社長さんだ。
Fさんと二人で社用を兼ねて中国へ行った時、会社を20個も持っていると言うその中国の資産家に引きあわされて接待を受けたのだそうだ。だから今度はそのお返し・・という事らしい。

Fさんが言うには、中国のお金持ちというのはスケールが違うのだそうだ。その資産家御夫妻は裸一貫で20年位前に事業を起こし、身を粉にして働いて今の地位を築いたのだそうだ。

「ふ~ん。それでやっぱりいわゆる『中国人』って感じじゃないの?」
「ぜ~んぜん、ぜんぜん。だってとにかく凄いんだもの。」

何が凄いか気になったがそれ以上踏み込んで聞く時間も無くて、九子は雪をそりに乗せる。

お金持ちになると中国人もおおらかになるのかなあ。
まあいいや。KOさんとこは社長さん夫妻だから中国のお金持ちに会う機会もあるだろうけど、赤貧洗うが如くの(^^;;M氏と九子じゃあそんな人に会えるはずも無いし・・。( まあ会いたくも無いけど・・・。(^^;;)

KOさんは生まれながらの社交家だ。そこに居る誰にでも気楽に声をかける。社長になってもああいう風にされたら、敵はいないだろうなあと思わされる。

九子なんかは顔を合わせてない人には、つまり背中を向けてる人には挨拶なんかしないで通りすぎる事がほとんどだが、KOさんは背中ごしにでも挨拶してくれる。

挨拶をする意義というのを余り意識しなかった九子だが、この頃その大事さを再認識した。
それはニュースで言っていたある情報だ。

タクシー強盗がタクシーに乗った時、運転手さんに話しかけられると強盗をあきらめる確率が高いというのだ。

去年の酷暑の夏に、親に育児放棄された幼い姉弟がマンションの一室で餓死するという痛ましい事件が起きたが、マンションではその後住民たちが自主的に自治組織を作ったそうだ。
隣の人の顔も知らないからこういう事件が起こった。子供の顔も見覚えがあれば、もっと踏み込んだ対応が出来たかもしれないという住民達の善意の一歩だった。

挨拶しなさいというのは、両親からも祖父からも良く言われていたがどうして?と聞いたことはなかった。

挨拶というのはむしろ西欧諸国の方が重要なのかもしれない。
それはやはり、「私には敵意はありません。大丈夫ですよ、安心な人間です。」という狩猟民族ながらの意志表示なのかもしれないが、それをきっかけに会話が始まる良い種になる。

するとそこへ八戸工業と書いたウエアを来た一団が通りかかる。KOさんはすかさず話しかけて何か尋ねている。
KOさんと彼らとの短い会話はさっそくひとつの情報をもたらした。
彼らはエムウエーブで開かれているスケートの高校全国大会に出場するために長野へ来たのだそうだ。

九子ならわざわざ話しかけてまで聞いたりしない。でもそれでは何の情報も得られないって事だ。
KOさんの人生と九子の人生では、情報の量でなんと膨大な差があることだろう。

活禅寺で坐禅を習い立ての頃だったら、ひとつ奮起してKOさんみたいに誰でも気さくに話しかけてみようなどと思って実践していたかもしれない。だけど今の九子は頑張らない。頑張ってもいい事無いとわかったからだ。(^^;;

人にさらっと気楽に話しかけられる人なら話しかければいい。だけど九子は気持ち後引きタイプ。
あの時こう言えば良かった、いや、あんなこと言わなければ良かった、あれはこういう言い方すべきだった、ああ、あの人怒ってないかな?と、絶えず自分が言った事が気になっちゃうから、誰彼構わず話しかけていたら身が持たない。
いや、実際問題として、反省する時間が邪魔をしてそんなに話しかけられるわけが無いのだ。

そもそも九子がそんなにまでして人と話して情報集めたとしたって、その情報を処理するコンピュータの能力が低いんだから仕方ない。
早い話が九子は社長になるべき器ではない!(^^;;


小一時間もすると店の前の雪はあらかた片付く。
日頃身体を動かす事の少ない九子も、いい具合に身体がぽかぽかして心まで爽快だ。( ^-^)


雪国の人はわかるだろうけど、雪かきはこれで終わりじゃないんだなあ。

午後になって車が通って道路脇に積まれた汚れた雪をかたづける仕事が待っている。

これが同じ雪?と思うほど対照的な白と黒、ふんわりさっくりな砂糖菓子を思わせる朝の雪と泥水を含んでカチカチに凍りついた夕方の雪。凍りつかないまでも水を含むと倍ほどにも重くなって扱い難い。
だけどこれをやっとかないと、また夜の間に雪が降って除雪車が出て雪を積み上げていく。

雪かきは九子にとって恰好のエクササイスであることをお判り頂けただろうか。一日でいつもの3倍、いや5倍は身体を動かす。
(えっ?いつもは一体?(^^;;)


ところがもうひとつ、頭のエクササイズがあったのを忘れてた。
大屋根から落ちる雪をどうするかだ。

きたさん曰く、大屋根の瓦はその昔だいぶ高いお金を出して作られたもので、頑丈に(たぶん重く)出来ているらしい。九子のうちの屋根は南を向いているので、雪はみな太陽に溶かされて落ちてくるのであって、瓦ごと落ちるなんて心配はしなくていいと思うのだが、とにかく大屋根から雪が道路になだれ落ちる様子は、知らない人は地震かと思うだろう。

実は今回、九子はその瞬間初めてすぐ下の調剤室に居て、腰が抜けそうにびっくりした。(何十年も生きてきたのに初めてですか?(^^;;)
雪であることはすぐにわかって、表に飛び出した。

誰か、下敷きになっていないか!
誰も居ないようだ!ふ~っ、良かった!

この高さから雪が落ちたら、しかも圧雪だ!頭に当たりでもすればそれこそ死んでしまうかもしれない。
万が一そうなったらどうすればいい? いや、そうならないようにするにはどうする?

一応薬局が入ってる薬剤師保険がカバーはしてくれるはず。でも頭上注意の表示をどうやってどこに出すか?
一つの答えはのぼり旗。これが一番目立つ。

何しろ雲切目薬ののぼり旗をM氏の提案で出すようになってから(M氏もたまにはいい事を言う。(^^;;)わかりにくい薬局や駐車場の場所が少しはわかりやすくなった。

問題はのぼり旗を立てるコンクリートの重石だ。あれをただでさえ狭い道路に並べるのはいかがなものか・・。

隣の八百屋のおじさんは九子の思案を知ってか知らずか「ダイジョー、ダイジョー(大丈夫、大丈夫)、そんなもん無くたって何十年も誰も怪我してねえんだから。」と涼しい顔。

そう言われると尚更心配になる。今まで事故が無かったのはまったくの幸運なのだ。これからも大丈夫と言い切れるはずが無い。
う~ん、難問だ。


薬局の駐車場ももちろん雪かきの守備範囲なのだが、今年は幸運にもやらずに済んだ。
駐車場の西半分の所有者であるイチローおじさんが駐車場の管理会社に雪かきを頼んでくれたと見え、雪かき部隊が除雪車一台と人足3人でやってきた。
「ついでだからお隣もやっておきますよ。」と言ってくれたので雲切目薬を3個差し上げたら、我が家の分の方がきれいに見えるほど隅々までやってくれた。
恐るべし!雲切目薬の威力!(違うか。(^^;;)

そして後に残ったのが見事な雪の山である。車を止めるのに邪魔にならぬよう、川の近くに雪山は出来ていた。

九子なんかはそのうち融けるのを待てばいいつもりだったのだが、ここでM氏が動いた。
毎日毎日30分くらいずつをかけて、雪の山を川に投げ入れて小さくしている。

ビンボー神のM氏は性格もビンボー性と見え、なんか動いていないと落ち着かないらしい。(^^;;
雪の山も3日ほどで半分ほどになった。

あ~あ、なんだか雪の山が小さくなってく様子は、ビンボー神にどぶ川に投げ捨てられてる我が家の資産みたいだよ。
あんまり頑張るんじゃないよ、ビンボー神!(^^;;    


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 2

フィットネス

こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」(で検索)というサイトを立ち上げています。
エアロ、バレエ、ボクササイズや筋持久力系などのスタジオレッスンや、自重、ダンベル、バーベル、チューブ、バランスボールなどを用いた筋トレをイラストや動画を使って紹介しています。
また、ヨガの項もあり。ポーズ一覧表もあります。全300ポーズ以上あり、全てイラストを付け、YouTubeから拾った動画を張りつけてあるものもあります。
よろしければ暇なときにでも見てください。
http://www.i-l-fitness-jp.com/yoga/

by フィットネス (2011-01-31 17:36) 

九子

フィットネスさんこんばんわ。
一番九子が苦手とする身体を動かす事をお薦めくださってどうもありがとうございます。
とりあえず動画を見るだけなら出来そうなので(^^;;、まずはそれから始めてみます。
実際に出来るかどうかはともかく、すごくいろいろなフィットネスの方法があるのですね!勉強になります!
by 九子 (2011-02-01 22:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0