So-net無料ブログ作成
検索選択

「ゼロ 」 堀江貴文 [<九子の読書ドラマ映画音楽日記>]

ホリエモンこと堀江貴文氏が2年近くも収容されていた刑務所が「長野刑務所」だったと聞いた時、とてもびっくりした。

長野刑務所と言っても、長野市にあるわけではない。長野の隣の須坂市にある。
昔子供たちを連れて遊びに行った時など、必ず通る道沿いにあった。
もしかして最後に通った時に、彼は収監されていたのだろうか?

そこはいつもひっそりとしていた。
刑務所と言うのは、中に居る人も、外から見る人も、その存在を消してしまいたいと思うところだ。
まあ、静かで当たり前なのかもしれない。


堀江貴文という人は、2年も収監されるほど悪い事をしたのか?一体どんな罪だったのか?
この判決については、九子みたいな何もわからない人間ばかりでなく、当事者からも「当然執行猶予が付く程度の犯罪だったのになぜ刑務所へ?」という疑問をはさむ声も出ているらしい。


「ゼロ」はそのタイトル通り、すべてを失った堀江氏が出所して文字通り「ゼロ」の時点で書かれたものだ。
真っ白な表紙に太マジックペンで手書きされた「ゼロ」の文字。
そしてその横に「何も無い自分に小さなイチを足していく」・・とある。
すっきりしている・・を通り越して、潔く見える。
まるで子供が書いたような文字をさらけ出しているからだろうか。


潔いと言えば、彼は刑務所で過ごした日々を全く悔いていないようだ。愚痴ることもない。
執行猶予が付いた程度の犯罪で収監されていたとしたら誰かを恨みたくもなるものだろうけれど、彼は誰も恨まず、むしろ高齢者の介護係として働いた刑務所の日々に感謝しているようにさえ思えた。


どんな失敗をしても、絶対にマイナスにはならない。ゼロになるだけだと説く彼の理論は終始一貫している。


もしもあなたが変わろうとしているならば、僕のアドバイスはひとつだ。

ゼロの自分にイチを足そう。
掛け算をめざさず、まず足し算からはじめよう。


この本は堀江貴文少年がどういう少年時代を過ごして東大に入り、東大でどんな生活をして、会社を立ち上げ、成功者として有名になったかの、言わば半自伝小節である。
彼が一人っ子だったことや、百科事典をすべて読破した話は割合有名だと思う。

ところが彼に言わせると、当時の堀江家は共稼ぎで、両親が文化的というには程遠い人々だったため、家にはただ当時のステータスシンボルであった百科事典だけが見栄を張るようにおいてあり、それ以外の本が一冊も無かったため、仕方なく読んだものだという事だった。

それであっても何十冊もあるものをことごとくすべてに目を通していくなどという作業は、九子のような怠け者には絶対に出来ない芸当だ。
それに読み始めたときはまだ小学校の中低学年だったに違いないから、漢字や言葉の理解力も人並み以上に優れていたのだろう。


堀江氏の著書はなんと百冊以上に及ぶのだそうだ。非常に読みやすく面白いから、きっとこの時の経験が彼の国語力の礎になったに違いない。
実際百科事典のおかげで彼は国語力だけではなく、、勉強ではどの科目に置いても絶対王者に躍り出た。


彼の家族は凄まじい。
父も母も、一人っ子の堀江少年のことなどまったく眼中にない様に見える。

彼が刑務所で働き詰めに働いて一日の疲れを癒した布団のぬくもりは、家庭の温かさなどではなくて、たった一度だけ背負われたことのある曽祖父の背中のぬくもりの記憶だった。

刑務所に入れられたことでは愚痴一つ言わなかった堀江氏が、小学校の時の人生でたった一度きりの一泊二日の東京旅行の思い出では、せっかくの東京でのたった二回の食事が、全卓インベーダーゲーム機の安っぽい喫茶店と、駅の立ち食いそば屋だったことを、思いっきり悔しがって書いている。

なんだかホリエモン、子供っぽくて可愛らしいなあという思いと、たった一度の家族旅行に描いていた自分の夢が一つも実現されなかったら、特に彼のようなこだわり屋にとっては歯がゆいだろうなあという思いが交差する。


彼の事を現役で東大に入った天才と思っていたが、実は仕事大好き人間の努力の人だった。
「努力が出来るのも才能」という言葉があるけれど、彼の場合もそれであったようだ。

この本の最初に書かれているのも、
自分を変え、周囲を動かし、自由を手に入れるための唯一の手段、それは「働くこと」なのだ。  
である。
 

それともう一つ、彼の気に入ったことへののめり込み方は凄い。要するに物凄い集中力で、時間を忘れてとことんやるのだ。

こういう形の天才を九子も何人か知っている。
国を動かし、世界を仰天させるのは、皆そんな天才らしい。
 
のめり込む。それは仕事に限らない。
東大時代の彼は、自分の夢のさきがけだった先輩が就職でつまずいて貧乏生活をしているのを見て、急激に勉強に対する意欲を失い、マージャンにのめり込んだ。

そういう彼の原動力は、なぜか死への恐怖なのだという。
小学1年生の秋、木枯らしが吹く中を一人、落ち葉を踏みしめて家に帰る時に突然感じた「僕はいつか死ぬのだ。」という恐れが、それ以来ふっとした隙に襲ってくる。何かに夢中になっていればそれが襲ってこないことがわかって、彼はひたすら勉強に、遊びに、仕事に集中し出した。

実は上記の天才の中には、同じように小さい頃、死に対する恐怖を感じてそれが尾を引いていると語る人がいた。
堀江氏は一人っ子に珍しく、ひどく寂しがり屋なのだそうだ。
誰か人がそばに居ないと、寂しくて仕方が無い。
もしかしたらこれにも例の「死への恐怖」が関係しているのかもしれない。
とにかく東京拘置所の独房がなんといっても気が狂いそうに辛かったという。

この本は、一連の堀江氏の著作のなかでどうやら一番売れているらしい。
たぶんそれは、彼の言葉に重みがあるからだと思う。
これは、成功者堀江貴文の本ではない。
刑務所から出てきて、ゼロになって、皆と同じスタートラインから今始めようとする堀江貴文の言葉だからこそ、人の心を打つ。

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。
つまり、「掛け算の答え」をもとめているあなたはいま「ゼロ」なのである。
そしてゼロに何を掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は必ず「掛け算」ではなく、「足し算」でなければならない。
まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とはそこからはじまるのだ。

ちなみに「掛け算の答え」とは、堀江貴文の講演会などに参加して、手っ取り早く成功する方法など探ろうとすることだそうだ。
あなたも「ゼロ」になった時、この本を開いてみませんか?( ^-^)

nice!(19)  コメント(5) 
共通テーマ:

夢をあきらめない話 [<九子の読書ドラマ映画音楽日記>]

森公美子さんの涙を初めて見た。明るくてパワフルで、どんな時でも豪快にガハハと大笑いするのがトレードマークと思い込んでいた彼女は、イタリアのミラノにあるスカラ座を眺めて懐かしそうにした後で、「辛い時にはいつもここに来ていたの....」と言った。
九子は始めて知った。彼女は二十歳の時オペラ歌手を目指してイタリアに留学したのだそうだ。
仙台の裕福な旅館のお嬢さまだった彼女は日本のコンクールで優秀な成績を上げて、意気揚々とかの地に乗りこんだ。
ところが努力すれど努力すれど、努力ならもうこれ以上は無理というほど努力したが、なかなか成績が上がらない。
一体どこがいけないのだろう?
そしてある日、彼女は気付いてしまった。
クラスメートのイタリア人は、母親のお腹の中にいる時からオペラを聴いて育っていた。
日本人の自分がちょっとやそっと声が良いくらいでは到底太刀打ちなど出来ない。

絶望の中で泣きながら電話をかけると、ふるさとの父の優しい声がこう言った。
「おまえはそっちで生活を楽しんでいるのかい? イタリア人はみんな楽しく生きているのだろう? おまえも充分に楽しんでおいで。」

そして彼女は絶望のフチから這い上がる。
父の言うとおりだ。一体私は何をしていたのだろう?

その日から彼女はカフェでアルバイトを始める。学校の授業はもう二の次だ。
普通の人々の当たり前の生活の中で、彼女は学校では決して学べないイタリア人の日々の暮らしの楽しみ方を、陽気に飲み歌う喧騒の中で、自分でも大いに楽しみながら学んでいった。

この時彼女の中で何かが壊れ、何かが始まったのだろう。
言い換えれば、何かをあきらめることによって、新しい何かが手に入ったということだ。
そしてその新しい始まりは、最愛の彼女のお父様の言葉がもたらしてくれた。

その後の彼女の活躍ぶりは万人が知るとおりだ。
彼女はオペラ歌手というよりもミュージカル歌手として、幅広い活躍を続けている。

ただ、結婚間もない頃にご主人が大事故に会い、介護を余儀なくされてせっかくアメリカで決まっていた大役を降板せざるを得なかったり、あの底なしに明るい笑顔の下には大きな悲しみが隠れているようだ。

森公美子さんのイタリアエピソードを見た次の日、松方弘樹が大間の旅番組をやっていた。
松方弘樹と言えば、マグロ! マグロと言えば大間!

その時に彼が「マグロの臭い」と口にした。
マグロが獲れる時には海からマグロの臭いがするのが彼にはわかるのだという。
沖に出てもマグロの臭いがしない日には、さっさと漁をあきらめて引き上げてくるのだと言う。

海がマグロの臭いになるという話の面白さはもちろんだが、上手にあきらめる話が続いたので、なんだか興味深かった。
実はブログをお休みしていた間に、フジコ・へミングを聴きに行った。
例によってウツっぽくはあったのだが、コンサートは夕方6時半始まりでその時間帯になるとウツは軽くなるし、何より上田市の新設ホールサントミューゼとあっては、知人に会う心配はほとんど無い。(ウツの症状が出ると知人に会うのが辛くなります。)
だから安心して出かけられた。

フジコさんは、CDジャケットで見るそのまんまのフジコさんだった。
フリルのついたふわっとしたドレスは彼女の手作りだそうで、理由は彼女の体型に合う服が見つからないからだそうだ。
服ばかりではない。レコードジャケットやプログラムにも取り入れられている夢見がちな可愛らしい絵やイラストも彼女の手によるものだそうだ。
天は二物も三物も彼女に与えたのだなあとついつい考えてしまうが、それは彼女を襲った悲劇のなせる業であったという事がわかる。

彼女は16歳の時に中耳炎で右耳の聴力のほとんどを失う。
その上、苦労の末にやっと掴んだデビュー直前に、またもや風邪による中耳炎が残っていた左耳の聴力も奪ってしまう。
風邪を引いたのは、貧しさ故に暖房も無い部屋に住んでいたからだそうだ。

音の無い世界に住むことを余儀なくされた彼女が、小さい頃から好きだった絵画や手芸に惹かれるのは当然といえば当然だったのだろう。

大舞台のデビューを逃した彼女は、耳の治療を続けながらピアノ教師としてほそぼそと生計を立てた。
そのうち、失った左耳の聴力の4割は回復していた。

不遇な時代が長かった彼女は、母の葬儀で日本に戻った1995年に、聴力を失って才能を開花させることが出来なかった悲劇のピアニストとして注目され、にわかに有名になった。

いつも必ずと言っていいほど演奏される彼女の代表曲 「ラ・カンパネラ」
実はその少し前、何気なくテレビで辻井伸行君の「ラ・カンパネラ」を聴いてしまった。

力強い正確なタッチ、少しの乱れも迷いも無く、若い情熱とエネルギーの全てを注ぎ込んだ魅力的な演奏。
はっきり言って、聴かなきゃ良かったと思った。
80代のフジコさんの演奏が完璧な辻井君のを超えられるとは思えない。

ところが!フジコさんのは別物だった。まるで鐘の響きのように軽やかに耳に残る複雑な共鳴。辻井君よりもゆったりとしたテンポは聴きやすく、彼女の年にならなければ出来ない演奏なのかもしれない。

彼女は、決して恵まれたピアニストではなかった。「私の指は太いのよ。」と見せてくれた指は、確かに普通の人の1.5倍はあろう。
ミスタッチが多いと言われるのもそのせいかもしれない。
でももちろん一番の悲劇は聴力障害と言う致命的なハンディーを背負わされた事だ。
それでも彼女はピアノが好きだった。決してピアノを捨てなかった。

彼女が一番楽しかったこと。それは夢多き若い頃、ピアノの勉強のために渡ったドイツから日本に戻る船の中で、ピアニストが居ないからと請われてダンス音楽をピアノで弾き、皆に絶賛されたことだったと言う。

高齢の品のいい紳士が「お嬢ちゃん、とても素敵な演奏でしたよ。」とキスをしてくれた。皆が喜んでくれ、フジコさんもとても嬉しかった。

自分の歌が、演奏が、誰かを幸せに出来るとわかったら、これほど嬉しい事は無い。

森公美子さんもフジコへミングも、それぞれに大きなものをあきらめたとは言え、音楽そのものをあきらめたわけではなかった。

諦めというのは禅語で「諦観(ていかん)」と言うけれど、これは決してギブアップするのあきらめるという事ではなくて、明らめる、はっきりと理解する、知り尽くすという事だ。

今のこの状況で自分は大きな夢はあきらめたけれど、では今の自分には一体何が出来るのだろう。好きな音楽を続けるために、一体何をすれば良いのだろう。それを極めつくし知り尽くすことだ。

きっと二人とも凄く悩んだに違いない。悩みながらも音楽は止められなかった。

そうだ。大好きな事は何があっても決して止められない。
そしてその好きと言う奥底に、若い頃に魂に刻まれた音楽の楽しさがあった。

下手とか上手とかに関わらず、好きな事がある人は幸せだ。
それを続ければ、努力し続ければ、(好きならば努力も容易いはずだ)
きっとあなたの夢は叶うはず!(運もあるけど.....)

 
そんな訳でいつもの調子で夢の話が書けるようになったから、九子のウツももう完治 !
まあ、世の中、いろんな事がありますよねえ。(^^;;





nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽