So-net無料ブログ作成
検索選択

レッテルを貼るということ [<九子の万華鏡>]

あなたは太宰治は好きですか?
割合好き嫌いが分かれる作家さんだと思うが、最近で言えば芥川賞を受賞したピース又吉こと又吉直樹が一番感銘を受けた作家として名を上げている。

このあいだテレビに石原良純が出てきて、父親石原慎太郎を語った。
その中で慎太郎本人の出演ビデオもあって、自分は太宰治が大嫌いだと公言して憚らなかった。

更に話の中で三島由紀夫が太宰を語っていた言葉だとして紹介されたのが、「あんな悩みは、ラジオ体操ひとつすれば治ってしまう話じゃないか。」と言ったそうで、思わず笑ってしまった。

確かに太宰治がもがいている世界は、とっくの昔にそういうのを卒業してしまった人たちからすれば、時として滑稽にも見えるのだろう。
一応九子も悩んでいた時期は通り過ぎたので、ラジオ体操というのは言い得て妙に思えてずいぶん笑った。

だけど、悩みのど真ん中にいる人たちから見ると、それはかなり切実な問題なのだ。

尾崎豊の「アイラブユー」の本人が出演するビデオを見ると、尾崎がいかに自分の姿ばかりを見つめているのかがよくわかる。
もがき苦しみながらも、自分に酔いしれているような表情が見て取れる。

歌も詞も、ビデオにおいても、彼の表現力は本当に凄いと思う。
ただし彼がいつも見ているのは鏡に映る、あるいはカメラのレンズに映る自分自身の姿なのだというのは明白だ。

九子がこう言い切れるのは、かつて自分が同じ世界に住んでいたからだ。
劣等感があって自分が大嫌いな人間に、とても周りの人々を見つめる余裕など無い。
ジェットコースターのように上がり下がりする自分の気持を眺めているだけで精一杯なのだ。

彼らはきっと気がついている。自分が見ている世界が、自分という範疇を一歩も越えられていない事を・・・。
自分が回りの人々を自分の事のように思い遣れないことも大きな劣等感のひとつになり、彼らは余計内向きになる。

ボーダーライン、境界例と言われる人々。九子も何度もブログで取り上げたことがあるが、愛の薄い幼少期を育ち、親の愛情を充分に信じられずに育つ事の多い気の毒な人々だ。

太宰治も、尾崎豊も、ダイアナ妃も、特に幼少期の親との絆の薄さからいつも愛情に飢えており、自分が見捨てられることを極端に怖れていた。

彼らに共通するのは、気分の不安定さだ。
さっきまで信用し信頼していた上司を、友人を、家族を、次の瞬間には誹謗中傷し攻撃する。
自傷行為も、自殺癖も、そうせざるを得ないところまで気分が落ち込んでしまうのだろう。
彼らは充分本気なのだろうけれど、自分一人だけの時はしないで、周囲の注目を集めようとするように必ず人前で決行するのを見ていると、甘ったれてるのかなと勘ぐってしまう。

九子もボーダーラインの人々と同じように、ある時期まで人一倍劣等感が強く、自分が世界一の不幸のかたまりだと思って生きてきた。
だから彼らの気持ちが、自分の事のようにわかる部分がある。

まわりからは「一人っ子で両親に何でもやってもらい、何の苦労も無く、優しいお婿さんをもらってあんなに幸せな人は居ない!」と言われ続けていたのにも関わらずだ。 そういう意味で九子には、ボーダーラインの彼ら以上に、人々に理解してもらえない要素があった。
 
「何でも出来る母親が愛情一杯に手をかけ過ぎてくれたせいで何もまともに出来ない人間に育ってしまった劣等感が九子の不幸せの原因」などと言ってみても、一笑に付されるだけだ。

となりの八百屋のおじさんは、九子が明るく変わったのは優しいお婿さんをもらったからだと今でも信じている。
まあ、それも間違いではないが、結局は九子が坐禅に出会って、自分の気分を明るく幸せに変える事が出来たからなのだ。

それはさて置き、九子の時代は「レッテルを貼る」という言葉があった。今の時代はもしかしたら「タグを貼る」とか「ラベルを貼る」とか言うのだろうか・・。
そういう事って本当に怖いと思う。

ボーダーラインという、不良少年という、前科者というレッテルを貼られた人々。

九子が振り込め詐欺にひっかかりかけた時も、何より怖かったのは「11時の裁判が始まるまでにお金を振り込まないと息子が前科者になってしまう。」という恐怖だった。海に囲まれた逃げ場の無いこの国で、それは絶望的な宣告なのだ。

汚名、英語ではstigmaというのだろうか。一度そういう名前が付いてしまうと、人々はいつまでもその名前を葬り去ることは出来無い。
「あの人は前科者だ。」というのは、その後の一生どんなに立派な事をしようとも、死ぬまで付いて回るのだ。

前科者というのははっきりと認定された事実であるから仕方が無い部分もあろうが、ボーダーラインはどうだろう?
精神科の見立てというのは、ご承知の通り科学的な血液検査やCTスキャンなどで結果が出るわけではなく、あくまでも医者の力量で診断されるものだ。

その上典型的な症例の他にも紛らわしい例が多々あるはずで、それらを一括りにして「ボーダーライン」という病名というか障害名が付いた途端に、彼らの一生は
「ボーダーライン即ち、太宰治やダイアナ妃や尾崎豊といった人々に代表される頻繁に騒ぎを起こす困った人たち」という風に括られ、彼ら一人一人の個性や、変わろうとする努力などとはまったく無関係に、イメージだけが一人歩きしていく。
そして一旦浸透した悪いイメージは人々のなかで容易に変わることが無い。

レッテルを貼られた人々の人生はどんなにか苦難に満ちていることだろう。

レッテルというはっきりとした形を取らなくても、人はいつでも、誰かを決めつけ、その人の事をわずか1%も知らないのにざっくりとした固定概念で見てしまう。

そしてそれを、別の誰かにもったいぶって話したりする。
たいていそういうのが広がる1番の理由は、九子も大好きな噂話だ。(^^;;

そうしたらこの前、ガンで倒れられた三笠宮寛仁親王の弟宮、生涯独身を貫かれた桂宮さまの話が出た。
彼もまた悲劇の親王だった。若い頃に脳出血で倒れられ車椅子の生活を余儀なくされた。

それより何よりお気の毒だったのは、学習院大学に通っていられた時、「お前たちは俺たちの税金で暮らしている。」という心無い言葉を殿下に浴びせかけた学生がいて、いたく傷つかれ、自分のように苦しむ人間をもう誰も見たくないと思われて、生涯独身を通されたという。

言葉の持つトゲの威力がわかる。一人の皇族の人生を変えてしまった一言だ。

言葉のトゲならばその人の心に潜んで、その人が言わない限り周知の事実にはならないはずだが、貼られたレッテルは表に出て、皆に知れ渡る事となる。

そもそもレッテルやらラベルやらタグっていうのは、何かを分類するためにある。
だからいつでも誰もが見やすい所に貼られる事になる。

レッテルやタグの魔法に打ち勝つのは、もしかしたら日本人の私たちには難しいのかもしれない。だって私たちは言われたことを基本的に鵜呑みにする人の良い民族だからだ。

そんな信じやすい民族が、いや、だからこそ、レッテルを外す事、ないしはレッテルに誤りがあると考える事に関しては著しく懐疑的だ。

最初に入って来た情報を信じ込み、その情報を信じ続けるのが私達日本人なんだろうか。

話題になった従軍慰安婦問題の最終決着の時、不可逆的と言う言葉が出てきてびっくりした。
あれは劣等生の九子でもわかる化学用語で、九子たちはたしか非可逆的と言っていた。
反応が進んで決して元の状態に戻らないことを言う。
水が氷になるのは可逆的だけれど、鉄が錆びるのは非可逆的だ。

レッテルの内容は実は可逆的なのに、非可逆的と堅く信じて疑わない私たち。
レッテルの内容はともかく、まず柔らかくしておかなければいけないのは、私たちの固いあ・た・ま !

そして噂話もつつしみなさいね、九子さん!(^^;;












nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年賀状2016 と、等順和尚  [<坐禅、仏教、お寺の話>]

18歳で進学する時とっくに済んでしまったと思っていた君たちの巣立ち。
休みとなれば帰郷し、まだまだ親の庇護の下だったそれは、巣立ちの予行演習にすぎなかったことにようやく気がついた。

親には見えない輝くものに心躍らせ、目を見開き、時にはそのまばゆさに目をくらませて、親の知らない土地での生活を選んだ君たち。
せいぜい親は経験則を振りかざし、知った風な顔して精一杯の御託を並べるのが関の山。
ああだこうだと言ってみても、たかだか30年長いだけの経験則にさしたる意味があるわけじゃない。

休みには必ず帰ってくると思い込むことも、父母や代理人の欄にハンコをつくことも、もうおしまい。
 
人生を極めることは容易ではないが、少なくとも目一杯楽しんで欲しい。
他愛ない会話に幸せを感じる笑顔あふれる日常であって欲しい。

そしてもしも堪えられなくなったなら、重石も飾りもかなぐり捨てて、
一番大事なものだけ抱えて、上を向いて長野に帰っておいで。
辛抱はもはや昭和の遺物であって、命をかけるような代物じゃない。
辛抱の半分は、きっと見栄やら世間体だったのだから。

人生は何度でもやり直しがきく。それを信じて実践するのが君たちの仕事だ。
君たちの未来が誰よりも幸せで輝いていますように。

親の戯言におつきあい有難うございます。今年もよろしくお願いします。      
                     2016年 正月

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
今年は少々趣向を変えて、善光寺第80代別当 等順和尚のことを書いてみようと思う。

実は去年のご開帳中、お陰さまで2回もBSテレビに出して頂いたのだが、そのどちらもが「善光寺七名物」を訪ねる旅だった。
笠原十兵衛薬局の「雲切目薬」は、たぶん現存する中では一番古い七名物と思われるので、どちらの番組でも割合時間を割いて頂いた。有り難いことだ。( ^-^)
 
ところが「善光寺七名物」はいつ頃からあるのか?と聞かれて、はたと困った。
結局どちらのテレビにも答えらしいものが出なかったところを見ると、物を知らない九子はもちろん、誰に聞いても確たる答えを知っていた人は居なかったのだろう。
 
ところが放送が終わってしまってから、ひょんなところから答えを知っている人が現れた。
雲切目薬の古くからのお客様であり、ご祖父様が長野市のご出身という事で長野の歴史をよく研究されているまだお若い方である。
 
その方から「等順和尚」という名前が出ても、九子は言うに及ばず、信徒総代のはずのM氏も、近所のおじちゃんおばちゃんがたも、本当に申し訳ないことながら誰に聞いても首をひねった。

後からわかった事だが、等順さんは「善光寺七名物」ばかりか、7年毎の善光寺ご開帳も最初に開催されていた。

等順さんは1742年生まれだ。
善光寺七名物の中で一番若いと思われる「八幡屋礒五郎の唐辛子」が1736年創業と謳っているので、等順さんが「善光寺七名物」にこれを加えたとしても辻褄は合う。

等順さんは、善光寺百数十人の大僧正のなかで唯一長野市出身の僧侶だと言われる。
実家は大門町というから、善光寺に向かうバスの終点辺りであり、質実ともに善光寺の門前である。

いつも観光客の人並みで賑わう表参道に、九子の知る限り等順さんの生家など見当たらないし、何らかの石碑などにお目にかかったことも無い。

そんな地元の人々にも忘れ去られたような等順さんが、実は善光寺の名声をいやがおうにも高める凄いことをしていた。

1783年に浅間山が大爆発し、ふもとの村では500人だった人口がたった93人になってしまった。
被災した人々は東叡山寛永寺に救いを求めた。

たまたまその前年、東叡山寛永寺護国院の住職から、故郷善光寺の別当大勧進貫主(かんす)に就任したばかりだったのが等順さんだった。
 
自ら被災地に入り、犠牲者名を記録し、毎日、村人と念仏を唱え、死者の回向を30日間行ったと伝えられる。
何もかも無くした人々に白米とお金を与えて労ったという。
『浅間山噴火大和讃』の中で等順さんの活躍は今でも伝承され、しのばれている。

翌年の1784年、等順さんは善光寺本堂で浅間山大噴火被災者の追善大法要を行い、被災地には1,490人の名前が書かれた御経塔婆木が送られた。
また、被災した人々の心の平安を取り戻すため、『血脈譜』とよばれるお守りを大量に配った。

『血脈譜』というのは『融通念佛血脈譜』を簡素化したもので、これを持つだけで阿弥陀仏の直弟子になれると参拝者は有り難がり、また等順さん自ら全国各地を回ってこれを広めた。言ってみれば免罪符みたいなものだ。

「血脈譜」は評判に評判を呼び、等順さんは生涯で約180万部を配布、善光寺信仰の普及に大きな役割を果たしたそうだ。

この話が落語の「お血脈」の題材になったと言われる。
「善光寺縁起」をもとにした話だから、最初の方は若干面白おかしく脚色されているものの大体正しい。
ごうつくばりの月蓋(がっかい)長者が、美しい如是姫の病気をなんとか直して欲しいとお釈迦様にお願いするところから話は始まり、善光寺如来が権力闘争に巻き込まれて難波の堀に沈められてしまうが、本田善光がそばを通るのを見て「ヨシミツヨシミツ」と呼びかけて、善光の背に負ぶわれて信州までたどり着いた。

そして最後の方に出て来る等順さんの「血脈譜」の部分がこの落語のハイライトとなる。

善光寺が人々に与えた「お血脈」のおかげで、この頃地獄に来る人がぐっと減ってしまい、地獄が不景気で鬼どもがほとほと困っていた。

そこで地獄の閻魔大王が一計を案じ、地獄の住人になっていた石川五右衛門を呼び出し、大盗賊に善光寺にあるお血脈をまんまと盗ませようとした。
「お血脈が無くなれば、また地獄に人が戻ってくるだろう・・。」という目論見だ。

ところが、そうは問屋が卸さなかった・・・・・・というお話である。

「お血脈」は、「ご印文」に形を変え、善光寺ご開帳の時には極楽浄土を目指す参拝客が我先にと押寄せた。

我が善光寺の出来事が落語になって人々に伝えられたのは心底嬉しいし、何より等順さんという素晴しい僧侶が地元長野市から出たというのが誇らしい。
そしてそんな偉人がいた事を全然知らなかった九子が恥ずかしい。(^^;;

善光寺には大勧進貫主(だいかんじんかんす)と大本願上人(だいほんがんしょうにん)のお二人の別当がいる。
大本願お上人は代々女性で、天皇家に縁ある方や、身分卑しからぬ方々が任に着かれている。

問題は大勧進貫主さんの方で、せっかくの等順さんみたいな素晴しい見本がありながら、現在の貫主さんは醜聞で新聞や週刊誌を賑わしてばかりいる。

大本願のホームページには第121世鷹司誓玉(たかつかさせいぎょく)上人のお姿とご紹介が大きく出ているのに、大勧進のホームページに、九子の見る限りお貫主のお姿もお名前も無くて、写っているのは小さな後ろ姿ばかりというのは恥ずべき事じゃない?

まあでも、新しい風は吹きつつある。
大勧進には活きのいい新しい副貫主さんがいらして、大なたをふるってくれそうだ。

比叡のお山からいらして、関西ではかつて桂三枝さんといっしょに毎週テレビに出演されて、現在もご自身のラジオ番組まで持っていらっしゃるという変り種、栢木寛照(かやきかんしょう)氏。
まるで三流週刊誌を思わせるウイキペディアの評はいかがなものか?と思うけど、実際はとても穏やかで誠実で気骨のある、腰の低い方です。)
 
 何より、毎年学生たちを何十人も引き連れて、大戦の激戦地サイパンへ慰霊の旅に行かれている。近くの城山小学校の子供たちも毎年何人も行っている。
きっとスポンサーはおいでなのかもしれないが、ほとんどは寛照さんの自腹だと聞く。とても普通の人間に出来る事ではない。

ご活躍に期待しよう。(^^)

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:芸能