So-net無料ブログ作成
検索選択

人をだますということ [<九子の万華鏡>]

ショーンというちょっと品の良い響きのある名前を持つ人は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの息子のショーンレノンくらいしか思い浮かばなかった。
それがこの頃この人の事が連日マスコミに取り上げられている。ショーンさん。いや川上氏と呼ぼうか。

ショーン・マクアードル・川上氏。まあ男前の、声はとってもセクシーな男性で、その上問われたことに対して的確に答えることが出来る。
あんまり見た目ぱっとしない評論家さんに出てもらうよりもお茶の間受けするということで、彼の出場回数は増えて行ったのだと思う。

そもそもこういう事が問題になるのは、テレビに出てる有名人に限られる。
九子が、実は東大卒なのよなどと言ってみても、誰も信じないし、間違って信じてくれる人が居ても世の中にはなんの影響も無い。
たぶん大多数の人は、権威ある人の言葉の方をより信じる。
たとえばテレビで芸人さんが言う意見よりも、大学教授が言った意見のほうが真実に近いとほとんどの人が思うだろう。
川上氏がしてしまった学歴のウソで(英語では’academic fraud’と言うそうだ。)彼の責任を追及したい人たちが一番怒っているのはそこだと思う。

アメリカの大学を出て、ハーフのイケメンで、たくさん勉強して物事を良く知ってると思ったから彼のいう事を信じて聞いていたのよ。
大学も中退で一般人と同じレベルの人なら、全然説得力無いじゃない!

こうしてみると学歴というのは案外いろいろなことを左右するようだ。
学歴の高い人の言葉を信用する風潮は、学歴の高い人そのものを崇め、無批判に賞賛することにも通じているのかもしれない。

上でショーンさんと書いたが、日本語は良く出来ていて、さんづけするという事は、九子の中で川上氏の印象がさほど悪くないという事を示している。

じつはこれには理由があった。
騒動の最初の頃は九子も「えっ?そんなことしたの?」と川上氏のことをさげすむように眺めていた。

ところがある日、この人が登場したのだ。脳生理学者の茂木健一郎先生だ。
茂木教授は「僕は学歴なんかにこだわらない。」と言い、川上氏の事を尊敬を込めて
「お仕事でご一緒した時、その素敵なお人柄に魅せられましたし、そのさまざまな問題についての見識も、素晴らしいと思いました.」と評価した。
この一言で、九子はすっかり茂木教授が大好きになってしまった。
「人は偉くなればなるほど自分の現在の地位に固執して事なかれ主義に陥っていくのに、矢面に立たされている川上氏を擁護するなんて、なんて男らしい人だろう!」
人と同じ意見に安住したがる日本人の中で、人と違う意見を言う。それも、叩かれてる人の肩を持つなんて。

茂木教授は自分の目の確かさに自信があるのだろう。
その反面自分の目に、つまり自分の判断に自信の無い日本人があまりにも多い。
だから右といわれれば右へ、左といわれれば左に流されてしまう。
茂木教授の友人になれたらどんなに幸せだろう。
一旦彼の信用を勝ち得たなら、彼はどこまでもあなたを信じてくれる。
そしてあなたが苦境に立った時、きっとあなたに手を差し伸べてくれる。

茂木先生が信じてる人なら、九子も信じる!
(大多数の日本人と同様に、唯々諾々と権威にひれ伏す九子。(^^;;)

川上氏が長年やってたラジオ番組を降板する時に、こんな時にも自分を励ましてくれる多くの友人たちに感謝の言葉を涙ながらに語ったというのも九子の琴線に触れた。

 
そもそもウソって何だろう。良くないことは知っている。だけど世の中からウソが無くなることはない。
だって仏さまだって「嘘も方便」って言っているんだから。
結局は性質(たち)の良いウソか、悪いウソか、もっと言えば許せるウソか許せないウソかという事になる。
許せる、許せないは結局のところ、ウソをついたのは誰なのかという事にも大いに関係する。
友だちだから許せるのか、友だちだからこそ許せないのか。

 
最近、こんな事があった。
facebookで名前占いを紹介された。
九子も早速やってみた。

結果はと言うと。
えっ?マジで?
なんだか凄いことになっている。

結果そのものよりも欄外にあったこの言葉が九子を有頂天にさせた。
「あなたは高度に発達した素晴らしい人格を持っています。こんなに多くのポジティブな要素があるのはめずらしいことです。最もダメな要素さえもあなたをとても魅力的に見せ、格別で勇ましい人生を生きているように見受けられます。あなたを模範にしている人は多いので、今のままでましょう。結果をすぐにシェアして、みんなも自分の長所と短所のナンバーワンはどれか分かるようにしましょう!(原文のまま)」

ね?これだけ見れば、九子がいかに特別な人間なのか、九子が天にも昇る気になったってのもわかるでしょう?
ところがここにウソがあった!
九子はM氏をはじめ、家族全員の名前を次々と入れてみた。
枠の中の性格は、それぞれそれらしいものが出て来たけれど、九子が喜んだ枠外の言葉は、全員同じだった。
つまり九子は「高度に発達した素晴らしい人格を持っていて、こんなに多くのポジティブな要素があるのはめずらしい」という言葉で、自分は特別な人間だと言われたと思った。
ところが誰がやってもその言葉が必ず出てくるのであれば、それはもう特別でもなんでもない。 九子は騙されたのだ。
だけどこの事実を知らない限り、この占いは人を傷つけるものでもなく、むしろ人に勇気を与え、幸せな気持にさせるものだ。

ウソの怖さがここにある。

川上氏の学歴詐称騒動はそろそろ下火だろうと思う。
次のターゲットの乙武洋匡氏が躍り出て来たからだ。
サンキュー、センテンススプリング! 
川上伸一郎氏の再出発を祈る。

nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:テレビ

雲切目薬が信濃毎日新聞に取り上げられました。 [<薬のこと、ダメ薬剤師のこと、家のこと>]

本日はお知らせのみです。

平成28年3月8日付信濃毎日新聞朝刊の「老舗を訪ねて」コーナーで、笠原十兵衛薬局 と雲切目薬を書いて頂きました。

いつもウチが取り上げられる時はたいてい古い店の写真がアップされるので油断してどうでもいい格好をしておりましたら、まさかこんな写真が出てしまい、その上新聞社と言うのは年齢を言わないといけないというのでおずおずと言ってみたら、明日誕生日でもうイッコ上になる予定ではありませんね?とまで釘を刺され・・・・。

まあ九子がもそっと若ければそんなことどうってことなかったんですが・・。(ブログにアップするに当たり 、精一杯の努力で年齢だけは消してあります。(^^;;)

 記事そのものは本当に良く書いて頂きました。 祖母や母が雲切目薬を苦労して遺してくれたことが良くわかります。

この記事のお陰で、薬局を訪れて下さるお客様が増えています。

いつも思うのですが、テレビなどの映像媒体は直後にたくさんの方が来てくださるのですが、本や新聞の場合は当初はさどではなくても、その効果が割合長い間持続してくれるようです。

記事の最後を少しだけ訂正。娘の一人は私や母と同じ明治薬科大学卒なのですが、もう一人は神戸薬科大を出ています。どうでもいい事ながら、明治薬科大は卒業生の子弟だからと言って簡単に入れてくれる大学ではありません。

記者のTさん、ありがとうございました。本当に感謝しています。

私はただただこの家に生まれただけで何も苦労せず、持ち前の強運で新聞やテレビにまで出して頂き、あたかも私の力で店が復活したような印象で見て頂くのは本当に心苦しい限りです。

本当の雲切目薬の救世主はうちの母、17代笠原十兵衛夫人笠原恭子です。

もしも私に出来ることがあるとするならば、私の夢をかなえること。坐禅の本を出版して、30年前の私のように不安や不幸せだらけの毎日を送っている人々のお役に立つこと! もしもそれが少しなりとも我が家と雲切目薬に貢献出来ればこの上ない喜びです。

Tさん、こんどあなたにお目にかかるときは、本の出版が叶った時でありたいと願っています。 ではまた。

ついでに古い店はこちら。 

resize0021.jpg


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:健康