So-net無料ブログ作成
検索選択

民度一位の国、日本 [<九子の万華鏡>]

いつだったかBSチャンネルを回していてこの番組にめぐり合った。
 
近衛秀麿さん。 
近衛さん・・であるからして、お偉い方である。
当時の近衛文麿首相の弟さんだそうだ。

その弟さんが音楽の道に進み、ヨーロッパに移り住んだ。
そして戦争が始まり、ドイツによるユダヤ人の迫害がひどくなった時、数十人の音楽関係者を日本に逃がしたり、金品の援助をおこなったりして命を救ったというものだ。

皆さんもそうだろうが、九子も真っ先にあの人を思い出した。
そう。日本のシンドラー杉浦千畝氏だ。

杉浦が駐リトアニア大使だった時、日本に渡るビザを書いて数千人のユダヤ人の命を助けた話はつとに有名だ。

じゃあ一体、近衛秀麿と杉浦千畝はどっちが偉いんだろうか?
偉いって意味は、人間としてってことだ。

答えは直ぐに出る。
やっぱり杉浦千畝だろう。

もちろん助けた人数とか全然違う。
でも、それを除いても、杉浦千畝氏に断然軍配が上がると思う。

答えは、そうした時に自分に降りかかってくる危険の違いだ。

近衛秀麿氏は、なんと言っても首相の弟君だ。
言ってみれば内田康夫の人気シリーズで、警察庁刑事局長浅見陽一郎という兄貴を持つ浅見光彦みたいなものだ。
困ったら兄の名前を出せば、まわり中平身低頭で、掌を返したように扱いが良くなる。

当時のヨーロッパであっても、とりあえず日本の首相の弟であれば、何をしようとひどい扱いはされないだろう。
そんなことが表沙汰になれは国益に関わってくるからだ。

そうい う事がわかっていての人助けなら、彼の立場であればより簡単に出来るはずだ。
もちろんそれだからと言って、彼の勇気や行いの立派さを微塵も損ねるものではないのだが。

杉浦の場合は、国の命令に背いての単独行動だった。
あとになってどんな処分が下るかは全くわからないどころか、死刑になる可能性だって大有りだった。

自分が死ぬかもしれない時に、正しい行為が出来る。これぞまさしくリーダーの力量だと思う。

なんだかこの頃お隣の国が騒がしい。
大統領の一友人であるその人が、国の政(まつりごと)に口を出し、自社に利益誘導して多額の金を奪い取っていたという疑惑である。

ただでさえ、一握りの財閥企業に入れるのと入れないのとではその後の人生が天と地ほどに違うといわれ、そのわずかの可能性をかけて熾烈な競争が繰り返されるというお国柄だ。
庶民がそれだけの苦労をして勝ち取る特権を、労せずして手に入れる人間が居る。
しかもその人から、「能力ない親を恨め。金も実力のうち。」などと言われたとすれば・・。
大衆の怒りの程はわかる気がする。

韓国と言う国が大統領制を敷いてからまだ数十年であるというのを聞いて、なるほどと思った。

日本も確かに明治以来はたかだか百数十年だ。
ただその前に、長い平和な江戸時代があった。鎖国をし、諸外国に門を閉ざしてはいたが、天変地異や内乱はあったとしても、日本中が戦場になるようなことは無く、そういう平和の中で、文化も栄え、教育も浸透していった。

明治に入ってから日本に来航した西洋人が、どんな田舎の貧しい家の子供でも読み書きが出来るのにびっくりしたという話はよく聞く。

国が戦争の最中であったら、文化も教育も二の次になる。
日本の国がここまで栄えて先進諸国の仲間入りが出来たのも、何百年も続いた平和な時代があったからではないのか。

それでもこれでも、日本の津々浦々までとりあえずは働く場所があり、街中にコンビニは溢れ、人々は外食に行って貧乏人も金持ちも同じ物が食べられる。
イギリスの貴族が食べる物は庶民とはかけ離れているのだそうだ。

そういうことが当たり前ではない国の人から見れば、日本と言う国はどんなにか羨ましく映るだろう。

でも今の日本の繁栄は全て過去の遺産だ。これからも長い間平和な日々が続くかどうかは、われわれの努力次第だろう。

民度っていうよくわからない言葉があって30年も日本が一番という結果らしい。
金や権力で動かない。正しい道をこつこつと歩む。
国の成熟度ってあんがいそういうところにあるんじゃないのかな?

と、平和の大事さという結論で落ち着いたと思ったら、またまた痛ましい事件があった。
民度世界一の国の有名大学の優秀な学生が、南米コロンビアで撃ち殺された。

彼は将来世界で仕事をするのを夢見て、大学を一年間休学し、世界一周旅行の最中だったそうだ。
そのために居酒屋でアルバイトをして費用も自分で貯めた。
世界と言ってもニュースで取り上げられることの少ない貧しい国ばかりだったと聞く。

ケータイやパソコン、カメラなどを盗まれて、追いかけたところを銃撃された。
目的を果たすまであと3ヶ月。今まで撮り貯めた貴重な資料がどれだけ大切であったかは痛いほどわかる。
追いかけるな!と言っても無理な話だったかもしれない。
でも追いかけなかったら、命は取られずに済んだのではないか?

そういう時、平和な日本で生まれ育ったことが足かせになる。
身の危険が迫るなどと言うのは、この国では夢の中の話だ。

危険な状態で身を守る教育とか、対処の仕方などというのは実際特別な職業の人しか知らないのではないか?

自衛隊がいよいよ戦地に赴くのだそうだ。
彼らだって、平和な日本で育った若者だ。いざという時、本当に自分を守れるのだろうか?
稲田防衛大臣には母親の立場として是非とも言ってもらいたかった。
「あなたがたは決して死んではいけません。あらゆる武器を使って身を守り、何があろうとも日本に生きて帰ってきてください。」と。

オーストラリアで放浪の旅を続ける次男がいつも言う。「オレは好きでここに居る。事故に遭おうが野垂れ死にしようが、それはオレの人生だから、オレは満足だ。」

コロンビアで亡くなった一ツ橋大生のご両親も、こう思っていらっしゃるのだろうか?

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

Gotogateがキャンセルに応じてくれた! [<正統、明るいダメ母編>]

今頃M氏は、オーストラリアの海辺で念願のポケモンGOをやっているんだろうか?
オーストラリアでしか取れないやつを、思いのままGet出来るといいね!( ^-^)

ああ、ここへたどり着くまで、苦難の道だった。

お盆休みに長女と二人で行った次男が放浪しているオーストラリアに、どうしても次女が行きたいと言い始め、ならば今度一緒に行くのは海外などここ30年以上行っていないM氏だろうという事になり、嫌がるM氏を説き伏せ、10年パスポートを取らせてその気にさせるまでがまあ、一騒動。

ところが飛行機のチケットを取る段になって、それ以上の騒動が待ち構えていた。

九子の事ゆえ、取ろうとするのは格安チケット。

skyscannerという世界の旅行会社の大部分を網羅しているように思われる大手代理店のサイトから、日付、目的地、ルート、人数を入れてやると、これでもかと言うくらい飛行機のチケットがわんさと出てくる。
安さ重視の九子でも、さすがに行きに30時間、帰りに20時間飛行機に乗ることになるバンコク、カナダ、アメリカ乗り継ぎ切符(つまりそれぞれの地でお客さんを乗せて目的地まで行く)などと言うのは、即、却下して・・・。

でも最初に出てくる安い券はみんなそんなのが多い。
乗り継いだとしてもオーストラリア国内で、乗ってる時間はせいぜい12時間くらいまで。その上、真夜中やとんでもない早朝出発を除いて、現地で有効に時間が過ごせるものと考えると、ハードルは結構高い。

気がついたのだが、一人30万40万する切符でも、長時間飛行機に缶詰にされるものもある。
飛行機の値段っていったいどうなっているんだろう?

安いチケットでは、格安航空会社JETSTARが幅を利かせている。
この間長女と乗ったQantas航空は、安くは取れたが、格安航空会社ではないのだそうだ。
そういえば荷物でお金を取られることも無かったし、しっかりした機内食も出た。
JETSTARの機内食?ののどの乾きそうなパンとケーキの写真を見て、その違いを思い知った。

そして良く出てくるのがeDreamsという旅行会社の名前だった。
このチケットを選ぶなら、eDreamsが扱っていますから、そこから買ってくださいということだ。

eDreamsの評判の悪さは、ネットで見てよくわかっていたつもりだった。
でもまあ、安く行くなら、どこの会社が扱っていても切符は切符でしょ?

ああ、それが悲劇の始まりだった!

この会社のチケットを、最初はパソコンから取ろうとした。
ところがなぜか、受け付けてくれないのだ。最終局面に行く前になぜか表示がグレーになって動かない!!

仕方なく会社が勧めるアプリをダウンロードして、スマホから取る事にした。
九子は最近スマホデビューしたのだ。( ^-^)
このアプリを使って、こんどはeDreamsが扱うツアーだけを表示させる。

ところがここでも似たようなことが起こった。
クレジットカードの番号まで、やっとの思いで書き込んだのに、数分待たされて、「申し訳ありませんがお客様の要請にお答えできません」みたいなメッセージが出る。
この日は朝から、暇な時間はずっとこの作業をくり返していた。朝10時頃から夕方まで。
何百回は大げさだが、何十回はくり返した。

最後の最後でこの要請不可メッセージを受け取ることにもういい加減飽きてきて、夕方に近い頃にはメッセージを確認することなく次々に切符を見つけては要請ボタンを押していたのかもしれない。

そうでなければ、こんなことが起こるはずは無かった!!

そうこうしているうちに気がついた。なんだか夕方になってから、急に全体的に価格が上がったのだ。
えっ?さっきよりみんな5万くらい高くなってるよね?
この値段じゃあ、2都市めぐりの計画は無理だ!
残念けど1都市のみのプランに変えよう!


九子はまたskyscannerに戻って、パソコンから切符を探し始めた。
一都市にしたおかげで5万くらいは安くなった。
しかも取れたのは格安航空のJETSTARじゃなくて、JAL!おお、わが最愛の日本のJALの切符だった。

正確に言うとJALとQANTSASの切符だ。日本からオーストラリアの往復がJALで、オーストラリア国内乗継が往復にそれぞれ一箇所ずつあり、それがQANTASだ。
とちらにしても格安航空ではないから、機内食も期待できるし、荷物に余計なお金はかからない。
その切符を取り扱ってるのが、Gotogateという会社だった。

実はこの会社も、評価の星の数ではそんなに良くは無かったのだが、何しろ数少ないJALが嬉しくて、ここに決めた。

2都市めぐりもよかったけど、予算オーバーじゃあ仕方ない。じっくり1都市見た方がいいよね。
出資元としても助かるし。(^^;;

九子はウキウキしながら、Gotogateからの予約確定メールを確認した。

事件は次の日起こった!

夜お決まりのポケモン探しから戻ってきたM氏が「本当に切符取れてるんだろうなあ?」といぶかしがるので確認した。Gotogateからのメールの下の方に、eDreamsの文字と、JETSTAR、Bookingの文字の付いた3通のメールが来ていたではないか!!!

開いてみておったまげた!
あんなに朝から晩までクリックし続けて取れなかったはずのeDreamsの切符が、どこのクリックでヒットしたのかもさっぱり見当もつかない2都市めぐりの切符が、取れていたというのだ。

目の前真っ暗だった。
要するにダブルブッキング。それも別々の会社でだ。


万事休す!と思った。でも、少しは頭が働いていたのだろう。
即座に、キャンセルの申告をするのはGotogateにしようと思った。
悪名高きeDreamsが、キャンセルに応じてくれる訳がない!!

もちろん悪いのはeDreamsだ!こんなダブルブッキングして下さいとばかりのシステムを作っておいて、忌々しいにも程がある!!!

(知恵袋にも同じような質問してる人が居る。)
時は夜の11時。Gotogateのメールは英語しか受け付けないから、必死になって事の次第を書き込む。
こういう時、あっ!英語だ!と思って怖気づいたらダメです。絶対にお金は返ってこない!
下手な英語でも書けば戻る可能性があるのだから、勇気を出して必死で書きましょう。

そして送信ボタンを押した後の自動入力の言葉が優しかった。
「あなたからのキャンセル要請は承りました。ただ、このメールが即、あなたのキャンセルを約束するものではありません。改めてこちらからメールが届くのをお確かめください。」

なんだかこの会社ならキャンセルに応じてくれそうな気がした。

Gotogateという会社は、ヨーロッパでは評判がいい会社であるとネットのどこかで読んだ。

数日後、九子は自ら、その評判の良さを身にしみて知ることになる。


キャンセルは受理されたのだ!!!
ただし、キャンセル料は日本円で5万5千円。二人分で11万だ。それに加えてなんとか税も取られるから、実際に戻ってくるのは全体の4割くらいか・・。

このキャンセル料の5万5000円だが、多分JALのキャンセル料が4万円(というのが相場らしい。)で、残りが乗り継ぎのQANTASの分と思えば納得が行く。

考えてみたら九子が取った切符が、格安航空会社ではないJALとQANTASの組み合わせだったというのが幸運だったのだと思う。

高い勉強料だったが、何の落ち度も無いGotogateという会社がキャンセルに応じてくれたのは本当に有り難かった。

後からわかったのだが、格安航空会社JETSTARは原則的にいかなるチケットも払い戻し不可と謳っているが、JETSTAR同士のダブルブッキングならばお金の返却に応じているそうだ。
もしかして旅行会社にキャンセル断わられた場合でも、飛行機会社に直接頼むとよい場合もあるかもしれない。

この情報は九子がJETSTARのサポートの日本語サイトでチャットして、そこに出て来た電話番号に電話かけて、言語で日本語を選び、日本人のサポート係に聞いてわかった情報だから間違いない!
ただ、キャンセル料は当然取られるはずだ。

今度九子が海外旅行に行くのはいつかは知らないが(今回余計なことでお金使ったので、まだまだ先だと思うが)
skyscannerに出てきても、eDreamsは絶対使わないぞ!

みなさん、ダブルブッキングにはお気をつけあそばせ!

注:eDreamsの悪口ばかり書いたけど、実際九子はeDreamsに対して何もしていない。キャンセルの申し立てをしたら応じてくれたのかどうかはわからない。

そういえばこのところ九子はお恥ずかしい事件を立て続けに起こしている。

先日、お葬式に行ってお斎(とき)に着いた。お手洗いに行ったら、トイレのドアを開けた途端にスマホが鳴った。
そうたびたびあることでない事が起こった時に、パニックになって自分でやった事を忘れてしまうのが九子という人間だ。

トイレから戻ってきた時、九子はスマホしか持って居なかった。バッグはてっきり待合室に置いてきたとばかり思っていた。

それが見あたらなかったのだ!

こういう時、九子はついつい疑心暗鬼になる。さっきまで仲良く話していた親戚がひょっとしたらどこかに隠し持っているのではないか?
ありえない!と思いながらも、100%はその人を信じられないような気持ちになる。
会場の人に打ち明けて、その人もいろいろ探して下さったが出てこない。

「お手洗いに行ったのですが・・。」と申告し、係りの人ももう一度見に行ってくれたのだが、結局見つけられなかった。

こんなに探しても無いなんて、誰か泥棒が入り込んで持って行っちゃったのよね。
ママと一緒に買った思い出のバッグだったし、何より禅の師匠からの大切なお数珠がはいっていたのに・・・。

二日後、あきらめかけた頃式場から電話が入った。

「あっ、鞄ありました!!お手洗いのドアにかかっていたのをお客様が見つけてくださいました!」
えっ?そんなところに鞄掛けたっけ???
そこにあったのだから、あなたしか掛ける人は居ないでしょう。(^^;;

その日のうちに九子はM氏に連れてってもらって式場に駆けつけた。
お礼は例によって雲切目薬だ。(かっこいい新サイトです!)( ^-^)


どちらも、慎重な人だったら決してしない失敗だろう。
九子のおっちょこちょいが災いしているのはよくわかる。

だけどなんだか、二つあわせると帳尻が合う気がする。
キャンセル料で損したお金と、鞄と中身が戻ってこなかったとしたら失っていたであろうお金はとたいてい同じくらいだ。
つまり、損した分はちゃんと補ってもらっているのだ。

なんだか計算がおかしくない?と考える目先の利く頭のいい人たちよりも、九子のようないい加減な人間の方が、もしかしたら幸せなのかもしれない。( ^-^)



nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行