So-net無料ブログ作成
<英語の話> ブログトップ

文友 [<英語の話>]

「文友」と書いて「ふみとも」と読む。
そんな言葉があるかどうかは知らないが、少なくともメル友ではなく、ましてやブログやLINE仲間でもない。

一年に一度だけの年賀状でつながっている。年賀状ひとつだけでつながっている。

友達少ない人間の九子には、実はこの文友が二百人は居る。驚くことはない。それだけ長く生きてるってことだ。(^^;;

何年か前にお世話になって、お世話になったお礼に雲切目薬をお送りしますからと、その時に住所を伺った。
その後一度年賀状をお出ししたらその方からも年賀状が返って来て、以来毎年年賀状を出す。

何十年か前の海外旅行で知り合った方々の何人かとも、いまだ文友である。
当時九子たちの親くらいの年代だった数人の方はもう亡くなられ、残りの方々とは万が一街でお会いしても絶対にわからない自信がある。(^^;;

年賀状ももうそろそろ出さなくてもいいかしらと思っていると、あちらから先に頂いたりして、結果、綿々とお出ししている。律儀に御丁寧なお返事も届く。

そういう方とは不思議なもので、「もうこれで」と思ったはずなのに更に一段お付き合いが深まったような気がして書くのを止められない。

たぶんあちらも同じ思いで出されているのだと思う。


でも九子は、こういうお付き合いが嫌いではない。

と言うか、そういうお付き合いの方が九子にとっては心地良い。

一人っ子のせいか一人で居ることが割合平気で、メールも、電話も、会って話をすることも、友人たちにはご無沙汰することが多い。
ふだんの他愛も無い話は、M氏や子供たちで十分こと足りる。

一年に一度、うず高く積まれる年賀状の束の中から、極まれに、「そちらに伺うつもりです。」とか、「「こちらにいらっしゃるならお会いしませんか?」という類の誘い誘われ文言が浮き出て、それが実現したりするととても嬉しい。
「袖摺りあうも他生の縁」と言うが、ほんのわずかの事からご縁が生まれることを実感するのだ。


そもそも「メル友」などという言葉が生まれるずっと前から、A君は九子の生まれてはじめての文通相手だった。当時の言葉で言うところの「ペンパル」だ。

A君を九子に紹介してくれたのは父だった。
父が始めてのヨーロッパ旅行でスイスのロープウエイに乗った時、そこに居合わせたドイツ人家族の長男がA君だった。

知ってるドイツ語など誰もが思いつく「ダンケシェーン」と「ビッテ」と挨拶のみ。ただひとつあまり一般的でない言葉「イッヒ・ビン・アポティーカ」(私は薬剤師です。)っきり知らない父が、今考えてもどうやってそこまで話を進められたかが謎であるのだが、A君のお母さんにあたる彼女が偶然にも薬剤師だった!
父が満面の笑顔で「オー・オー・イッヒ・ビン・アポティーカ」と言ったであろう事だけは察しがつく。

A君の父親に当たる彼はベンツの技術者で、休暇に家族を連れて、スイスアルプスを見にロープウエイに乗ったらしかった。

九子の父と言う人は、心配性の癖に底抜けに陽気で、外人さんが大好きな人だった。自分の語学力が無いのをまったくものともせずに”Where are you from?”ひとつで話しかけ、返事がまともに返って来ると意味がわからないので誰か英語に堪能な人を手招きする。

当時父は40代。長野オリンピックの時はもう80才だったが、なんとしてでも外国の人と仲良くなりたいという情熱は消えていなかった。

昔は父のように誰かが英語で話しているのを聞くと近寄って行って話しかけていた九子が、今ではさっぱりその気が失せてしまったのと比べると、父の人間好きは凄い事だと思うし、嬉しそうにはしゃぐ子どもみたいな笑顔が忘れられない。

そんな父のおかげで、九子は海外に文友が何人も出来た。

当時確かA君は13歳で、九子は15歳。その後高校生くらいになるとA君は190cmを越える長身になった。
九子は必死で辞書を引き引き、当時は年に何通も、短い英語の手紙を書いた。

A君とて英語は母国語ではなかった。
今になるとわかるが、ドイツ人という人種も、日本人と同じく、国境が地続きのヨーロッパにおいては語学が堪能では無い方に属するらしい。
A君にとってはフランス語の方が得意であるらしかったが、いずれにせよ尖った、癖のある文字で青インクの手紙が毎回来た。
節約家のドイツ人らしく、紙の裏表にびっしりと文字が書かれていた。

彼は大学院を出て、経済学だか経営学だかの博士号を取った。その後、とても大きな経理、会計会社を友人と二人で立ち上げていた。
当時ドイツのネットでA君が立ち上げた会社の立派な建物とホームページを見るとわくわくしたものだった。

A君などともう気楽に呼べないほど、彼はビッグになっていた。


結婚してからは、一年に一度クリスマスカードと年賀状を交換するだけの年月が続いた。
そうこうしているうちにもう40年以上が過ぎてしまったことになる。

お互いの結婚も、子供の誕生も、家族の訃報も、近況も、とりあえず一行くらいでさらっと伝え合っては来た。
だからA君のことは特別な友人と思ったし、「ドイツ」と聞くと、とても近しい国と言う気がした。

そのうち整理整頓まるでダメの九子が大事な住所録を無くし、仕方が無いからネットに彼の名前を入れて検索し、出てきた世界中の経営者が集うSNSを連絡の場としていた時期もある。
(そのおかげで、トンデモ経営者の九子は今でもそのSNSに在籍している。(^^;;)

このあいだ、人生は3万日というのを聞いた。そして、九子に残っているのは1万日を切っていることがわかった。
だから・・という訳ではないが、海外旅行をするなら今しかないんじゃないかと言う思いに駆られた。

何しろ怠け者である。運動嫌いが昂じて、足腰立たなくなる日がそう遠くないかもしれない。

そう思って、A君に突然メールをした。「近い将来、ドイツに行くつもりだ。」と。

彼はとても喜んでくれた。
もし訪ねてくれるなら、ホテルや乗り物の手配をしてくれると・・。

本当は一人で行くつもりだった九子だが(つまり経済的な理由である。(^^;;)、末娘のM子が急遽参加することになった。
まだ学生のうちの今年の10月ならば、彼女も何とか時間が取れるという。

M子の参加を後押ししたのはN子だった。
「ママ一人だと、何をしでかすか心配!。お目付け役にMちゃんを連れておいでよ。」(^^;;
そして今年10月渡独計画は密かに九子の中で動き出していた。

ところが、あちらでは予想外の出来事が起こっていた。

実はA君の奥さんとお子さんは癌にかかっている。
九子がドイツ行きを急いだ本当の理由はそれだった。

上の子の白血病は脊髄移植で完治したようなのだが、下の子の脳腫瘍と、奥さんの乳がんの両方の転移が更に大きくなっていて、予断を許さないのだという。

奥さんやお子さんのどちらかが・・という話ならたまに聞くこともあるけれど、4人のお子さんのうちの2人と、奥さんが癌で、しかもお子さんの脳腫瘍は手術しても取りきれずに後遺症が残り、奥さんの転移も深刻と言うのは彼にしてみればどんなにか心配だろう。

彼は敬虔なカトリック教徒だ。だから、あまり泣き言は言わない。
いつの日も、「僕は妻を誰よりも愛している。」と言い、どんな試練にも負けない厚い信仰がある。

こんな状態では、とても10月のドイツなんて無理だ!と思っていたら、彼からメールが来た。

「僕も妻もあなたたちの来訪をとても待ちわびている。だから、絶対にキャンセルなどしないで予定通り来て欲しい。
10月のドイツはもう寒い。月末にはもう雪も降る。だから、来るなら早めをお薦めする。」

家族の具合が悪い時に、他人を受け入れるなんて簡単に出来るだろうか?
九子ではまず無理だ。家族に心配事が起きると、自分の視野が狭くなり、それ以外のことが考えられなくなってしまう。

それなのに彼と彼女は、来て欲しいと言ってくれる。

これは単に彼らと九子の問題ではない。ドイツと日本の友好の問題だ!
この誘いを受けなかったとしたら、九子の女が廃(すた)る!
同時に、日本人としての九子が問われている!
ウツが来ようが、店が忙しかろうが、10月には絶対にドイツに行くぞ!

・・と、まあ、拡大解釈甚だしく、九子は武者震いをした。(^^;;


この続きは、本年10月以降に・・・。( ^-^)


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

SPEAK! [<英語の話>]

自慢じゃあないが、うん十年の歳月と大枚うん十万円(ですむかなあ?(^^;)とを注ぎ込んだ結果がこれ??という空しい九子の英語力である。



軽く20年も続けたことになる毎月2回のジョン先生のレッスンも、ジョン先生の帰国と共に自然消滅。



唯一英語に接するチャンスだったはずのCNNも、長野ケーブテレビの番組編成会議につぶされてあえなくおじゃん!



これから一体どうしたらいいの?と九子が頭を抱えてるとこへ飛び込んで来た朗報が、ふだんあまり目に止めないメルマガの広告にあったSPEAK!というソフトだった。



「英語よみあげくん」と銘打って、魅力的な宣伝文句が並ぶ。



「パソコン上の英文テキストをなめらかに読みあげ、あなたの話す英語を瞬時に診断してくれる活気的な英会話トレーニングCD-ROMがアルクから新登場!」とあった。



九子が興味をそそられたのは、あくまでも最初の部分。えっ?ネット上の英語をみんな読み上げてくれるの?すごいじゃん!



長年の英語研究で九子が会得したわずかながらの真実。それは、英語学習の3要素、すなわちヒアリング・・もとい!リスニング(正しくはListning Comprehension聞き取る力),ライティング(Writing作文力)、スピーキング(Speaking会話力)の中で一番重要なのは聞き取る力であるという事だ。



日本人が出来ない出来ないと悩むスピーキングの力は、実は一番無くても事足りる。



とにかく相手の言った意味を正しく理解出来なければ会話は成立しない。

相手の言った事さえ分れば、小学生並、いや、もしかしたら幼稚園児並の語彙力で、立派に会話は成立してしまうのだ。



その聞き取りの力をつけるのに一役買うと言われているのが、英語をとにかく流しっぱなしにして、わからなくてもいいから聞き続けるという方法だと言う。



それを信じて九子はCNNを聞き続けた。



進歩はあったか?



???である。



まず、サンプルの抽出方法に再大の難点があった。任意に抽出されたのは、何事も飽きっぽい九子という標準的ではないサンプルであったという点だ。(^^;



ただ、最初聞き始めた時よりは、聞きやすくなったかなあという実感はある。

英語に耳が慣れた・・みたいな感じ。



ただ、それだけである。(^^;



結局思ったのは、わからない部分をそのままにしておいても、永久にわからないという事だった。



CNNを聞きながら、一応それらしい単語をメモすることもあった。それを正しくスペリングするのがまた難しい。日本の電子辞書では、かなり正確に近いスペルを入れてやらないと正解がひっかかって来ない。(この頃は大部進歩したようだが・・)



一応、これも大枚はたいて買ったアメリカの電子辞書ならその点、かなりいい加減なスペルを入力しても正しい単語に導いてくれるようだ。



しかし、いかんせん、アメリカの辞書だから説明も英文だ。これが難解で、説明文の更に説明を探しているうちに、最初のヤツがわからなくなる。(^^;



英語流しっぱなし勉強法が出来なくなって、おあつらえ向きにSPEAK!の広告が目に入ったというのは、九子にとって天の配剤かもしれなかった。



しかも値段は1万円を切っている。(九子の厳しい購入価格帯をクリアー。( ^-^)



広告上には書いてなかったwindows98SEでの作動もOKとのことで早速購入。



う~ん!なかなかいいわねえ。

テキストに使っているのはもっぱらMIYUさんの今日のNatureの英文だ。専門用語が多いので、発音がわからない単語が頻出する。



MIYUさんのサイトで原文になってる部分をクリックすると英語サイトに飛ぶから、必要な所をコピーしてテキスト文書を作り、デスクトップ上のフォルダ等に保存しておく。



SPEAK!を立ち上げてストーリーを開き、新しいストーリーを選択し、ファイルからさきほど作ったテキストを選ぶと画面に全文が表示される。



ここで不要な部分、例えば一緒にコピーされてしまう広告等(ADVERTISEMENTと表示されるので分りやすい)を削除しておくと良い。



あとは、挿入、作成とボタンを押せば、あなたが選んだテキストがあっという間にパソコン上に現れる。





さあ、コンピューターの声はどんなもんかな?



最初にタイトルが読み上げられ、そのあとに○○が作ったという意味で 「by○○」と自分の名前をコンピュータにフルネームで呼ばれる時の「はあ~っ??なんですか?それ!!」という違和感はたまらない。(^^;



もっとも、英語にした時違和感のない名前の人ならどうって事ないんだろうが・・・。



サポートのSさんの話では、現段階で最先端の音声を入れていますという事だった。考えてみればそりゃあそうだよね。この音声が模範となって発音を教えてくれるのだから・・・。



音声は4種類で、女性の声が1種類。設定でどれでも選べる。九子的には、女性の声が一番はっきりとして分りやすいと思う。



単語だけを発音してくれるのは電子辞書やCDーROM辞書に良くあるけれど、長文なんでもござれ!というのは確かに珍しい。



もちろんコンピューター独特の鼻にかかったような聞き取り難さはあるものの、読まれると同時に画面の原文上を動く赤いチェックマークを追って行くと、発音されている音が、なるほどこの単語なのかと確認できる。



この確認機能は素晴らしいと思う。

九子が長年CNNを聞き流していても、聞いてる言葉の確認が出来ずに結局はわからなかった部分を瞬時に補う。



日本人の英語理解にとって、書かれたものがあると言うことは最低限の命綱のようだ。

画面を見ずに聞きっぱなしに流している時よりも、画面で文字になったものを見た途端に、たとえそれがわからない単語だらけの画面であっても、なんだかわかるような気がしてくるというのはどういう事だろう?(^^;



作ったテキストは自分が読みたい興味のあるものだから、宿題を訳すよりはとっつき易いと思う。



音声だけで5回、文章を目で追いながら更に5回くらい聞いていると、大部わかったような気になってくる。(^^;



その上このソフト本来の使い方を目指す人は、自分の声を録音して、評価してもらうという楽しみがあろう。



(九子の場合、発音したり表現を覚えたりというのは二の次にしているので、最初に出てくる録音用マイクロフォンの設定も無視している。英語上手だと思われて、相手に更に早くしゃべられたら大変だからだ。(^^;)



読み上げスピードもゆっくりから、普通、早いまで20段階で設定できる。

あまり早くすると英語が英語に聞こえなくなるが、それはそれで、今度は赤いマークを目で追う事で、速読の練習になりそうである。(^^;



とにかくこのソフトひとつあれば、テキストが無尽蔵にできるのだ。そして、そのテキストの読み方は、コンピューターが教えてくれる。そして、それを何度も聞く事によって、聞き取りの力が各段に上がる。



そして、ソフトに附属している単語辞書で意味を確かめれば、更にあなたの理解力は増し、このソフトの一番の目的であるあなたの発音を録音して評価してもらえば、もうあなたは英語の達人だ。



う~ん、素晴らしい!

一万円でこの充実感である。



ただ、難点が一つある。

ソフトに附属の辞書が余りにも貧弱なのだ。1万3000語程度の辞書がひとつだけ・・と言っても過言ではないと思う。



サポートのSさんの話では、1万3000語の辞書で間に合わないときは、別のネット辞書に飛ぶのだそうだが、その別のネット辞書と言うのがあまりにも専門的過ぎて、これまた必要な頻出語がほとんど出てこないのだ。



その結果、今日のNatureから作った九子のテキストに出てくるような科学方面の単語はもちろん、普通のネットニュースや新聞で良く見る単語すら、「翻訳が見つかりませんでした」だらけになっている。



それでも、単語をコピー&ペーストして、アルクの英辞郎あたりで調べられればまったく問題なかったのだが、コピー&ペーストが効かない。



結果九子は、それを電子辞書やネット辞書でスペリングし直して調べているという訳だ。



ああ!本当にこれは惜しい!

なんとしても惜しい!



この辞書がせめて13万語であったら、まだしもだったと思う。

いや、コピーが効けば、全然問題無かったと思う。



すっかり仲良しになったサポートのSさんもこの欠点を良く認識されていて、近い将来に発売予定の次のバージョンでは、必ず改良しますと明言された。



そう。発売元は英語の大御所アルクなのだが、サポートはこのソフトを作った会社が担当している。そしてこの会社のサポートは、大変丁寧で信頼が置ける。



Sさんはなんと!九子の日記を早速お気に入りに入れて下さったのだそうだ。

えっ?そんなあ。まあどうしましょう!!( ^-^)



九子殺すにゃあ刃物は要らぬ。日記読んだと言えばよい。(^^;



あっ、念のため言っときますが、Sさんの一言がなくっても、すっばらしく良く出来たソフトでしたよ。( ^-^)






タグ:英語 辞書

電子辞書の話 [<英語の話>]

九子の英語との付きあいは長い。



薬大の実習は、手がのろくてそのうえ自分のやることすべてに自信の持てない九子にとっては、拷問以外の何物でもなかったので、何とか逃げ場が欲しくて英会話教室へ通った。



それまで自分が英語好きであるという意識はあまりなかったのだが、以来連綿とつきあっているところをみると、やっぱり好きなのだと思う。



もちろん、下手の横好きというやつで、とても人様に自慢出来るような代物ではない。とりあえず何とか通じるっていう程度である。(^^;



パソコンがお目見えした時、その豊富なソフトやら、ネット上の英語サイトやらの量にびっくりした。

「あ~あ、私の学生時代に、こんな英語環境があったとしたら、今ごろぺらぺらのぺらだったのに・・・。」



それから早や10年。いまだにぺらぺらのぺらになっていないところを見ると、学生時代にパソコンがあったとしても・・・・・・・、まあ五十歩百歩だったよね。(^^;



パソコンもさることながら、今、これぞ世界に冠たる日本の技術力!と九子が絶賛するのが、電子辞書という魔法の小箱だ。(九子に絶賛されてもどうってこと無いが・・・(^^;)



電子辞書がひとつも無いというお宅はないのではないか・・・と言う位、テレビショッピングなどでもお馴染みであるが、実はこれがまことに奥が深いのだ。



「Sekky’s Website」という電子辞書専門のホームページがある。管理者は、沖縄大学の法経学部専任講師の関山健治先生だ。とりわけ、電子辞書のよろず相談窓口でもある、「電子辞書掲示板」の存在が出色だ。



かく言う九子も去年の6~7月頃お世話になった。気恥ずかしいので、ハンドルネームはkyukoにした。



量販店にあふれるさまざまな電子辞書のなかで、いったい自分が使うのにぴったりの辞書はどれか?



ついつい値段だけで決めがちな(^^;九子にとって、膨大な知識をお持ちの上に、ほとんどの機種を実際に使われた上でアドバイスして下さるSekky先生の存在は、神様みたいであった。



もちろん先生を神様とあがめる人は数知れず、毎日たくさんの質問が舞いこむ。それにひとつひとつ丁寧に答えられる先生は、電子辞書の達人、言語学の達人のみならず、時間使いの達人でもいらっしゃる。



ああでもない、こうでもないと迷った挙句、九子が買ったのは、なんと!アメリカ製の電子辞書であった。今から思えば魔がさした!としか言いようがない。(^^;



実は善光寺の御開帳で、めずらしく雲切目薬が売れたので、自分にご褒美をあげるつもりで電子辞書を買った。



日本のよりもずいぶん安いはずであったが、送料や税金を払うと、かなりの出費になった。



使い始めた当初は、負け惜しみも手伝って(^^;「良い!、良い!」と言っていたが、やはり日本の電子辞書には見劣りする。



第一、ひとつの電子辞書には、搭載されてる辞書が一冊というのが建前だ。

(今日本の電子辞書の中には、一機種に五十冊の辞書が入っている!などというツワモノまである。)



そのうえ、説明は英語だ!(あたりまえだ!)

こまかいところがわからない!

・・・・どころか、肝心なところがわからない事もしばしば・・・(^^;



まあ利点といえば、人があんまり持ってないものを持ってるというささやかな優越感と、何種類も入っている単語ゲームが、日本人でも楽しめる・・・ってくらいかな?あっ、それと発音ボタンを押すと、機械的な声ながら、ちゃんと発音が聞ける。、これはなかなかいいかも・・・。



それから、当時(と言ってもたった7ヶ月前だけど)はまだ日本の電子辞書には珍しかった辞書カードを装着することにより、さまざまな辞書が使えるというのも売りではあったが、これとて、一応買ってみたドイツ語辞書カードは、英独単語対応表みたいなもので、日本の辞書にあるような懇切丁寧な説明を期待していた九子には、拍子抜けだった。



ところが!である。それからわずか7ヶ月の間に、日本の電子辞書は新たな進歩を遂げた。

7ヶ月前はまだはしりだった、辞書カードが使える機種を各社がこぞって出してきた。



その上!である。

なんとSekky先生の掲示板で、先生初め多くの方々が「これが載ったらいいな。」と称賛されていた「英語活用大辞典」という、英作文にはまことに便利な辞書を搭載した機種が実際に売りだされ、そして「こういう辞書の組み合わせの電子辞書が出たらすぐに買うのに・・・」と掲示板上が盛りあがったその組み合わせが、まさに現実のものとなったのである。



おそるべしは、Sekky先生の掲示板!

日本の電子辞書は、まさにSekky先生の掲示板から生まれる・・・と言っても過言ではない。( ^-^)



ところで、この電子辞書の一大進化を目のあたりにして、九子の電子辞書熱が再燃しつつある。

何しろとんだ気の迷いのせいで(^^;、買えなかった和製電子辞書に対する憧れが募りに募って、沸騰しそうな勢いである。



気が付くと、Sekky先生のところと、価格ドットコムの電子辞書欄を行きつ戻りつしながら、あら、もうこんなに時間がたっちゃったわ!なんていう毎日がまた始まっている。



九子さん、辞書とは本を読むための道具なのですぞ!

あなたが「よし!」と決心して講読し始めた英語雑誌は、今どこにどうしておりますか?

(はい、帯封かぶったまんま、たくさん積みあがってます。)

帯封付いてるからってそんなもん、古本屋で高く売れるってもんじゃないでしょうが。(^^;



せっかく買った米国製電子辞書は、日の目を見ているのでしょうか?

(はい、いつも机上にスタンバイはしてはおりますが、ことごとく無視されて、日の目じゃなくてひどい目にあっているかも・・・・(^^;)



九子さん、あなたもそろそろ年貢の納め時。

今まで砂漠に水を注ぐごとく、悪い頭にさんざん注ぎこんだ英語学習投資額に見あうだけの成果ってもんを、少しでも見せていただけると有り難いのですが・・・・・(^^;



 注! Sekky先生の掲示板に久しぶりに書きこみをしたついでに、図々しく日記の紹介まで書かせて頂いてしまいましたら、思いがけずたくさんの方々にお越し頂いて、本人びっくりしております。本当に有難うございました。



日記本文を読まれて、フランクリンの電子辞書がしょうもない辞書であるという印象をもたれるのは、私の本意ではありませんので、少しだけ補足させて頂きたいと思います。



フランクリンの辞書は、検索機能が本当に素晴らしいです。これは、日本の辞書が逆立ちしても決して及ばないところです。

だから、私のようなスペリング音痴人間には、とてつもない強い味方です。



例えば,セクシャルハラスメントのハラスメントってどう書いたっけ?と言う時、なんとローマ字で「harasumento」と打てば、「harassment」がトップに出ます。

イグゼクティヴも「igzekutiv」と打てばOKです。ただし、最後のvをbと打ってしまうとうまくいかないかもしれません。あと、有名な例ですが、ニューモニア(肺炎)のスペルはpで始まりますが「nyumonia」と打つだけで先頭に「pneumonia」が出てきます。

つまりカタカナをローマ字表記するだけで、ほとんどの英語が検索できてしまうという訳です。



これは多分、どんな日本の電子辞書でも敵わない最大のメリットです。

多分多民族国家であるアメリカで、異国言語を母国語にする人々が、正しいスペリングを覚えられるように開発された素晴らしい技術なのだと思います。



ですから、私はフランクリン電子辞書を購入したことを決して後悔しているわけではなく、いつかこの辞書をやすやすと使いこなせる日が来るように日々研鑽を積みたいと思っている・・・と言うことを皆様にご理解頂きたいと思った次第であります。



うん?日々研鑽・・・・・・そんな出来もしないこと言っちゃっていいの?(^^;





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
<英語の話> ブログトップ