So-net無料ブログ作成

プールの風景 [<正統、明るいダメ母編>]

あなたは友達を作るのが上手な方?それとも苦手?
そんなこと長いこと考えたこと無かったが、ここへきて少し考え始めている。

確かに5人も子供が居る割には「ママ友」というのはほとんど出来なかった。
その場その場で話す仲間は居た。それで良いと満足していた。

思えばあれは大学の頃だ。思いを寄せていたクラブの先輩に「九子ちゃんは誰にもにこにこして るけど、なかなかそれ以上入って来ないね。」と言われた。

入ってくる? どこへ?どうやって?まったくわからなかった。

今にして思えば、九子の付き合い方は浅いのだろう。もしかしたら九子の周りには壁のようなも のが取り巻いていて、私からも友達からもそれが邪魔になっているのかもしれない。

でもまあそれで長い間やってきたのだから、それでよし!と思っていた。
これは一人っ子で育った九子の癖みたいなもんなんだから、仕方ないよ。

ところがここへ来て、ちょっと雲行きが怪しい。


今ではもうジムの方は見向きもせず、水中ウォーキングだけやるつもりでプールを選んだ。でも 歩いてばかりではなんだかつまらない。
そこで軽快な音楽がかかる30分間の水中エアロビクス教室に誘われ、月、木で参加するように なった。


参加者はほとんど同じメンバーだ。
その参加者たちと、どうもしっくり来ない。(気がしている。)

彼らは長年プールに来ているベテランのようだ。彼ら同士は打ち解けて話している。

九子は最初でちょっとつまずいた。
水泳は基本、個人プレーと認識していたので、先生とは挨拶していたが、彼らに挨拶することは 無かったのだ。
いわゆる新参者の仁義の切り方に問題があった。

もうひとつマズかったのは、お風呂の中でタオルで顔を隠していること。
これには理由があって、熱湯の中やサウナに顔をさらしていると顔が真っ赤になってひどいと湿 疹が出来る。
だから九子はいつも冷水でぬらしたタオルで顔を覆っている。

何か話しかけてくれようと思っていても、これではこちらから拒絶していると思われたって仕方 がない。

受け入れてもらっていないなという感じを受け出してから、なるべく挨拶を欠かさずするよう にした。すると一人二人挨拶を返してくれる人が現れた。一人は気兼ねなく話してもくれる。

すると残るはあと3人くらいかな?

そのうちの一人は長野では珍しく外人さんだ。最初のときに「どこから来たの?」と声をかけた が、その時から拒絶反応を示された。こういう反応は初めてなのでびっくりしたが、まあ仕方が ない。

別に一生に関わる事ではなし!最後まで話が出来なくたって、エアロビクスの効率が悪くなる訳 でもない。

みんな健康のために、自分のために来ているのだから、そんなに仲良しになる必要なんてないよ ね。

でもそこは、良いカッコしいの、気にしいの九子である。せっかくご縁があったのだから、たま には話だってしたい。

そういう気持ちからどうしても離れられないのが、九子という人間なのだ。
そしてそれが気になり始めると、そればっかりを考え始める。

今日あの人に挨拶したけれど無視された。わざとだろうか?単純に、聞こえなかっただけだろう か?

あの人は今日、挨拶を返してくれた。初めてだ! ラッキー!

九子の関心は、そのうちプールの外まで及ぶ。


あっ、あそこに居るママ友らしき若い三人組!
今日も何やら声高に話し込んでいる。いつものことながら、何のためにプールに来てるのかな?

もちろん話しちゃいけない理由は無いけれど、あんなに長時間、プールも入らないで何話してる の?毎日のように会って、よくもまあ話が尽きないわね。

話の様子じゃ、彼らは毎日ほとんどの時間を一緒に過ごしているらしい。
ああいうのがママ友だって言うのなら、九子はママ友なんて居なくて良かったよ!
だってあれじゃあ、月謝の無駄!時間の三分の一くらいしかプールに入っていないんだもの。

いやだねえ、ああいうのって。あの真ん中の人がお局さまだよ。いつも仕切ってるし、なんだか 怖そう!


その時だった。「おーい、そこの人!ちゃんとやってる?」と珍しく強い調子の先生の声!

ふっと我に返る九子!

そっ、そうか!また考え事してたんだ!
集中力の乏しい九子がいつも陥る自分だけの妄想の世界。

今はエアロビクスの授業の最中。九子がぼーっと考え事してるの、先生にはみんなお見通しだっ たんだ!


結局、月謝の無駄使いを一番してたのは果たして誰??(^^;;

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 4

土屋 たま江

2011.9.29.のブログ〜突発性大腸穿孔を考える
を見メールしてます。姉は駐車している車が急にバックしてき右手首、右大腿部骨折で手術をし普段1日に二度は排便があったにも関わらず体が動かせない為か便が出なく
今までになく大変な苦痛でした。
大腿部のリハビリに入る頃熱が出たのでCTをし結果腹腔内に穴が開いて腹膜炎おこしていると転院し緊急手術 大腸穿孔という事ですが
姉は74歳医者にもかかる事なく健康で一人暮らしでしたがいきなりの事故でストレス、術後の便秘等(突発性大腸穿孔の一つの大きな要因は高齢者の便秘である事は間違いのない事実ですを読みなんで急に大腸穿孔を起こしたかが納得したのですが)姉の事もそのように受け取っていいのでしょうか。
by 土屋 たま江 (2017-05-13 20:09) 

九子

土屋さま、大変申し訳ありませんが、私のブログではないようです。そういうタイトルで書いた覚えもないし、今調べてみましたが2011年9月29日にブログは発信しておりませんでした。
せっかくお尋ね頂きましたが、ご期待に沿えず申し訳ありません。
もう一度その記事に戻られて、正しいブログ発信者の方にお尋ね下さいませ。
有難うございました。
by 九子 (2017-05-13 22:19) 

chibacandy

人間関係は難しいですね。特に女性同士の輪の強さ。
小学生の低学年の時から男の子と外遊びをしていた私は女の子と遊びませんでした。協調性に欠けるのかもしれません。女の子の排他的なものの考え方が嫌だったんです。
こんにちは!のご挨拶はしますが、それ以上、それ以下はありません。
来るもの拒まず、去る者追わずの精神です。
by chibacandy (2017-05-16 20:51) 

九子

chibacandyさん、こんばんわ。コメント有難うございます。<(_ _)>
それはそれは、小さい頃からはっきりとしたご性格だったんですね。
私はぐずぐず人間ですから、うらやましいです。
と言うか、私は友達居ない人間でした。(^^;;

貴重なご意見とご体験。私も真似してみたいと思います。
有難う!
by 九子 (2017-05-16 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。