So-net無料ブログ作成

あなたは運がいいですか? [<九子の万華鏡>]

あなたはご自分のことを楽観主義者と思われるか、あるいは悲観主義者と思われるか、どっちだろう?


九子は完璧に・・というか、ほぼほぼ悲観論者である。


出かけて行った家族が時間になっても戻ってこない。

事故にあったのだろうか?誘拐されたのだろうか?

浮かんでくるのは悪い想像ばかり。


息子に一度こっぴどく叱られた。

友人と山登りをすると言う連絡があり、それから何日経っても電話が来ない。

山で遭難したのだろうか?という想像は頭の中で日増しに大きくなるばかり・・。


ついに息子の会社に電話を入れてしまった!

「〇〇は出社しておりますでしょうか?」


その晩「会社に電話するなんて、一体何考えてるんだよ!ったく!」という元気過ぎる声(^^;;



その九子がこの頃株を始めた。実は勝負好きの出来すぎ母から譲り受けた株券があって、毎年配当を受け取るだけが嬉しくてそれだけで自己満足していた。


ところがよく調べてみると、株屋に無理やり勧められて買ったのが下がったり、そんなこんなしているうちに株券の総額は目減りして、受け継いだころの半値くらいになってしまっていた!これではいかん!


それで売買を始めてみて分かったのだが、悲観論者の九子には株が持ちきれない!

どういうことかというと、下がるのが怖くてすぐに売ってしまう。安くなっても次に上がるまでじっと持っているということが出来ないのだ。少し損して売ったとしても、銀行に現金としてある時だけが安心で、持ち株となっているときは不安で不安でたまらない。

上がり下がりに右往左往させられるのが怖いのだ。

(そんな人がよく10年間も株を塩漬け(売り買いしないでほっておくこと)していたわねえ。(^^;;)

 

株価が落ちてしまうことしか想像できない。株価が高くなるとはなかなか考えられないのだ。

これぞ悲観論者=ペシミストの典型だ!


若干話は違うかもしれないが、松下幸之助の有名な話に、彼は「自分はとても運が良いと思います。」と答えた人間しか採用しなかったそうだ。


自分が運がいいと考える人間は、きっと楽観主義者なのだろう。楽観主義者がリーダーなら、失意の時に明るい未来を見据えて人々を啓蒙し、舵を取ることが出来るからだろうと、九子は初めそう思った。


だけどどうやら事実は少々違うらしい。

松下幸之助氏ご本人は、大変貧しい幼少時代を過ごされて、学校も行けず、親兄弟とも早く死別し、その上数々の病気や事故で死にかけている。


決して自分がそうなりたいと思えるほど良い人生ではないにもかかわらず、彼は自分の人生は恵まれていた、自分は運が良かったと考える。


そう考えることで自分の人生を肯定し、困難な問題に直面しても、自分は運が強いのだから何とか乗り切れるだろうという信念が生まれて来るのだそうだ。


悲観論者の九子だが、自分は大変運が良い人間だと、そこだけはいつも信じている。


これは決して松下幸之助翁が言うように、自分の困難な人生を背負って未来を見据えている訳では決してなく、たまたま自分が人生の岐路に立った時、不思議なことにいつでも不幸になる道を選択せずに済んで居られる幸運な人間だと思っているわけだ。


それが島田秀平さんが言ってくれた「たくさんの人の強い力で守られている」という意味なのかもしれない。


九子のその幸運は今回もまた見事に九子の初孫にも降り注いだようだ!(^-^)


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。